書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#青森県十和田市在住です

移り変わる

552384_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

【人間を構成している90%は1年で入れ替わる
川の流れのように流れ移り変わる
本当の自分など存在しない
変わっていくこと、それが学ぶということ、知るということ】

日本の医学博士、解剖学者で東京大学名誉教授
『バカの壁』の作者である養老孟司さんの言葉だ


これを読んだ時に入れ替わらない10%は何だろう?と考えた
老いとか死かなあと思ったがわからない

だけど今の自分は
1年前の自分とは明らかに違う自分だと思うと何となく面白い

去年の9月から一年間の出来事を考えると
日々を思い返すと、なるほど良いことも悪いことも色々あって
そこから学んできた

そして1年同じ出来事というのはない

行事は同じでも、感じることはその時で違う

今いるのは2020年バージョンの自分なのだなと思う

毎年バージョンが違うと思うと面白い(笑)

限定バージョンで特別なのだ

今の自分がキライでも1年後には変わってる

そう考えると気持ちがちょっとラクになる

私は方丈記の冒頭が好きだ

【ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし
世の中にある人とすみかと、またかくの如し】

訳すとこうだ

【流れて行く川は決してとどまることなく
流れる水は元の水でもない
水の泡は消えたり生まれりを繰り返しながら
長い間とどまっていることもない
世の中にある人と家も、この流れと同じようである】

今がそうだからと言ってそれは長くは続かない
絶えず変化している

いにしえの世からの揺るがない法則だ















彼岸花

669229_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

彼岸のお墓参りに行ったとき
彼岸花が咲いているのを見た

彼岸花の名前の由来は2種類あるそうだ
まず花の咲く時期

もう一つは
どの部分にも毒を持っている植物なので
これを食べたら彼岸に行くという説もある

更に、雨が降ると一気に咲きそろうそうだ

何となく『あの世』をイメージさせる

名付けた人はスゴイなと思う

一方で
その毒を活かして
悪さする動物から死人を守っていたという

昔は土葬だったから、彼岸花の存在は
頼もしかったであろう

テレビで動物のフンを食べる糞虫の生態を見た
牛や象などの大量のフンを消化していく

その虫の存在がないと
そこから疫病が発生する可能性がある
分解してくれることで
それを防いでくれている

自然の中で
それぞれの役割があり
時の流れを守ってくれている

自然は英語でNatureと訳すことが多いが
そこには
生まれ持ったとか
人の本質という意味もある

自然体というのは
植物や昆虫のように
自分の生まれ持った本質を
見せるということなのだろうか?

ただ人の本質というのは1つではない
付き合う人とか環境とか習慣など
様々な要因で変わる

だからこそ、
自然体の自分を求めるというのは
難しいことなのではないのかなと感じる

今のあなたが自然体なのだから










同じ轍をふまないようにするには

1317987_s (1)

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

人ってうまくいく方法はたくさんあると思うけれど
つまずく癖って1つが2つのような気がする

芸能人を見ていても
うまくいっているなあと思っても
クスリに手を出す
復帰したなあを思っても同じことを繰り返す

浮気を繰り返す

付き合っている時は仕事も調子がよく
失恋すると仕事も悪くなる人


うまく行っている時に足元が崩れる
というか自分で崩しにいっているような感じだ

周囲は心配するが
本人は案外気づいていないことが多いような気がする

こう書いている私だって
つまずくきっかけの癖はある

失敗から抜け出してもう大丈夫だと思っても
人ってなかなかそういうわけにはいかず
同じ失敗ってしてしまう

環境が変わっても立場が変わっても同じ失敗をすることがある

人って自分のしてきたことを認めたいから
無意識に経験を容認している
良い経験ならばいいが、悪い経験もそうなので
また戻ってしまう傾向があると聞いたことがある

だからその対策として今までしてこなかったことを
するって大切だなと感じた

習慣を変えるというのは
一番先にできることだ

例えば、私は落ち込むと
何も手に付かなくなる

ずっとひたすら頭でぐるぐる考える

それを辞めるには動くことだ
でも動くってとても辛い
慣れないから、したことがないから
動かない方がラクなのだ
それは今までそうしてきたから

だけど敢えてつらい方を選ぶ

新しい経験をインプットさせていくことで
同じことを繰り返さないようにする

行動で変えていくしかない

そして、自分は幸せになっていいんだよと
自分で自分を大切にしていく

幸せになる方法はたくさんあるのだから











命が大切なのはわかっている・・

679324_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

8月に自殺した人は1849人で
去年の同じ時期より240人以上増えたそうだ
国はコロナの影響がないか分析を進める方針だそうだ

NHKニュース 8月の自殺者 大幅増加で1800人超


命の尊さは分かっている
それよりも将来に希望を持てないことが勝ってしまう

このような言葉を見たことがある

命が大切なのはわかっている
だけどその場から居なくなりたい
消えたいという気持ちが強いのだ

絶望とは希望を失うこと
全く期待できなくなることだ

その人が何に絶望したのか
何に希望を失ったのかは誰にもわからない

後で何かを想像してもそれは想像にしかすぎない
正解はない

理由は本人にしかわからない

でも「何かしてあげられたんじゃないか」
「あのとき○○していれば」と後悔に苛まれている人は
亡くなった人の数だけ、いやもっと多くいる

その人たちは
「あなたのせいじゃない」という言葉も慰めにはならない

永六輔氏がこのような言葉を残している
『人っていうのは二度死ぬんだよ
一度目は個体の死、そして二度目の死は人から忘れ去られた時』

いつまでもその人のことを忘れずに時々思い出す
あの時の笑顔
あの時の言葉

心の中にずっと生きている

割り切れない思いの中でも、こうして想っている限り
その人は側にいる













決めるのは本人

776875_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

娘が学校を辞めるという話が出始めた時
私はまず最初に「もったいない」と思った

せっかく入ったのに、あと1年ちょっとなのに
そんな気持ちが先にあった

でもだんだん
娘の人生を生きていくのは本人なので
本人が決めたらいいだろうと思い始めた

そして私は私の人生を歩もうと思ったし
私の価値観を押し付けるのはやめようと思った


今は色々選択肢があるし
一つのレールだけがいいということはなくなっている

踏み出すと何とかなるものだ
と経験上思っている

社会に出てからも、いろんな選択が待っている

就職がうまくいかなかったり
職場環境に馴染めなかったり
働き先がなくなってしまったりということも
あるかもしれない

周囲がヤキモキすることもあるかもしれない

いろいろアドバイスをするかもしれない
時には喧嘩越しになるかもしれない

でもどうするのかを決めるのは本人

しっかりしていないと思っていても
意外と考えているかもしれない

決めるのは本人
信じて待つことも大切





























ギャラリー
  • 実際に
  • めんどくさいのは
  • 一方通行では伝わらない
  • 幸せですか?
  • 効く薬
  • 声が似てくる
  • 少し休んでいってください
  • 虹の元は無色
  • 目と眼