書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#聴き方

錯覚するほど身近になっている

5193392_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

以前、我が家の地上波だけが
映らなくなったと書いたことがあったのだが
それから何か月も経っているが
あまり不便を感じず、そのままにしている

ドラマもアプリで見ることができるし
快適に過ごしている

韓国、英語、日本語が飛び交っている
国際的な家だ(笑)

ふとアメリカに住んでいた頃を思い出した

ケーブルテレビで
日曜日の7時から日本のドラマになるチャンネルがあり
(チャンネルという表現も昭和だが笑)

英語から日本語になっているのも気づかず
あれ?私英語聞き取れている?意味がよくわかるんだけどと
勘違いしたこともあった(笑)

今は色々な言語をすぐに聞くことができる
学べる方法がある世界になっているんだなあと思う

例えば、この言語を学びたいと思えば
検索すると出てくる
うちでもどこでも聴くことができる

私の小さい頃は、外国語というと英語というイメージだったが
今では中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語などをはじめとする
たくさんの言語をイメージすることができる

外国の風景も
そこに住んだらどうなのかも全部映像で見ることができる


知るにはとても便利な世の中になっているなと感じる


冷静

2166554_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

鬼滅の刃の劇場版が
先週初めて地上波で放映された

私は去年、映画館で見たが
面白かった

録画しようと思ったが
以前話したように、地上波だけが
何故か映らなくなってしまっていて
(BSやネットは大丈夫)

修理すればいいのに
特に不便を感じずそのままにしているので
見ることは出来なかった

ツイッターで、CMが多かったという呟きが
トレンドに入っていた
4分に1回とか入っていたらしい

そこで教室の子ども達に
「CM多かったの?」と聞いてみたら

「そうかもしれないけど
ノーカットだったし
CMの放映分の
長さがカットされている訳じゃないから
しょうがないんじゃない?
スポンサーがないとテレビで放映されないしね」と

とても素晴らしい分析の答えが返ってきた

とても大人だ(笑)

世の中の仕組みがわかっている

そういう部分もあれば
「勉強やりたくな~い
何でやらなくちゃいけないの~」という
部分もある(笑)

そしてその子は嵐のファン

さて・・先日の結婚話は
どういう反応を示すのか(笑)

話していると面白い発見がたくさんある










大事だよね

2963017_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

今は将棋やチェスもAI対決があるように
ロボットが活躍している

テレビを見ていたら
パルクールをしているロボットを見た

パルクールというのは
年末でサスケという番組があるが
いろいろなアスレチックをこなすことだ

まるで人間のような感じで
ロボットが動いていた

インタビューの中で
このようなやり取りがあった
「どうやって覚えさせたんですか?」
「何度も練習して覚えさせました」

なあんだ!ロボットも練習しなきゃ覚えられないんじゃん
と私は安心した

何となくロボットに親しみがわいた

人もロボットも練習が大事だ










平等と公平

4738875_s



言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです


墨田区立第三吾嬬小学校 の校長先生である
川中子登志雄氏が書いた
学校だよりの文章が印象的だったので
一部抜粋してご紹介いたします

「平等(Equality)」 と「公平・公正(Equity)」

 【一律で同じ扱いをするのが「平等(平らに等しい)」で、
目的達成のために障害となっている壁を 越えなければならないとき、

一人一人の人の状態や都合に 合わせて、それぞれ別の扱いをするのが
「公平・公正(公に 平ら、正しい)」という言葉の表すところです。

本校の教育で目指す「思いやりをもち、共に生きる人」の造る世界は、
差別のない世界であることはもちろん のこと、
単なる「平等」ではなく、「公平」を模索していく世界です。

しかし、これは簡単には実現できるものではあ りません。

例えば、子供たちは、先生が「公平」な扱いをすると、
「ずるい!」という反応をすることがあります。

こ のようなことは、ご家庭でもきょうだいの間でよく起こるのではないでしょうか。

「公平」は、単なる感情ではなく、理性で判断・理解し、実践すべきものです。

「公平」を理解し、認めること- 「思いやり」とは、そのようなものです。
そして、それは、「自ら学び、考え、行動する」という努力を通して獲得する 能力です。】


Equality vs Equity 600 | ARA Professional Travel & Support Inc.

私事だが、まだ公文の先生をしていた頃に聞いた話で
とても印象に残り
教室だよりの表紙に常に載せていた言葉がある

それは
〚教室の平等は皆に同じことをするわけではなく
その子の成長にとって必要なことを与えること〛

上記のイラストのように
リンゴを取るために
リンゴの木の下にいるのは平等
同じ高さの台をあたえるのも平等

ただ、リンゴを取るためには
高い台が必要な人もいる
その子に合った高さの台を与えるのが公平

頭ではわかっていても
実生活ではなかなか難しいこともある
でも理想に向かって努力してかなくてはいけないのも
事実であると思う

私も理想を目指して向き合っていきたい










ギャラリー
  • デカルコマニー
  • 体は正直
  • 箸と鉛筆
  • 関わる事
  • 混ぜる
  • 緑
  • 今昔
  • 手抜き
  • ○○でいい