書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#産業心理カウンセラー

イラっとするときに

481571_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

以前働いていた職場でのこと
隣の家で干されていた洗濯物を見て同僚が言った
「私あそこの家には嫁にはいけないな」
私が「何で?」と聞くと
「だって見て。ピシッと上下揃えて一定間隔でしょ
きっと几帳面な人だよ。私が干したらきっと注意されっぱなしだよ(笑)」と

よく見ているなあと感心したのを覚えている

考えてみると人って
このようにちょっとした違いでイラっとくることがある

例えばこの洗濯物もそうだ
どの向きで干すとか
皺の伸ばし方とか

箸を片付ける時の向きも
上向きか下向きかなど

靴下のたたみ方など

細かいことなのだが、そういう積み重ねが
イラつく原因になったりする

でもその原因って
自分がやってきたものと違うというところから始まる
自分のやり方を相手に求めた時にそれが自分の意図するところではないと
自分もストレスを感じる

違いに着目するのではなく
やったことに着目しよう

洗濯OK
干しているOK

箸が片付いているOK

そんな感じでやっていかないと
あれもこれもと自分の思う通りにと思っていたら
自分のやることだけが増えて自分が大変になってくる


100%気になっていたら
その気になり度を60%くらいに下げてみる

ストレスが少し軽減されるかもしれません






名前のリクエストを受け付けております!生年月日と名前をお知らせください。 
こちらからどうぞ






ニコニコ(^▽^)/

1320449_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです


スマイルマークを書くとなんだか元気になるような気がする

これは1963年にアメリカマサチューセッツ州の『ステート生命保険』の関連会社で
社内キャンペーンとして、ポスターやバッジなどで使うデザインを
地元の商業美術家にお願いして誕生したものらしい

日本ではサンスター文具やリリックといった文具メーカーの関係者が
アメリカの文具ショーを見学してその存在を知り
日本で『ニコニコマーク』として流行を仕掛けたのが最初だそうだ

そういえば笑うというときに『にこにこ』という表現を使うが
これは古くは日本書紀から記録されている言葉で
『にこ』は柔らかいとか温和という意味で使われている

はるか昔から日本人はニコニコしていたことになる(笑)

いつもニコニコしている人って
やはり穏やかな印象がある

『笑』の漢字の成り立ちは
髪を長くした若い巫女の形からできている

若くても若くなくても
嫌なことがあってもムカついたことがあっても
怒りたいことがあっても焦ることがあっても

とにかくスマイルしてみよう

ニコニコは他人も自分も幸せにする

みんなでBe Happyだ





移り変わる

552384_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

【人間を構成している90%は1年で入れ替わる
川の流れのように流れ移り変わる
本当の自分など存在しない
変わっていくこと、それが学ぶということ、知るということ】

日本の医学博士、解剖学者で東京大学名誉教授
『バカの壁』の作者である養老孟司さんの言葉だ


これを読んだ時に入れ替わらない10%は何だろう?と考えた
老いとか死かなあと思ったがわからない

だけど今の自分は
1年前の自分とは明らかに違う自分だと思うと何となく面白い

去年の9月から一年間の出来事を考えると
日々を思い返すと、なるほど良いことも悪いことも色々あって
そこから学んできた

そして1年同じ出来事というのはない

行事は同じでも、感じることはその時で違う

今いるのは2020年バージョンの自分なのだなと思う

毎年バージョンが違うと思うと面白い(笑)

限定バージョンで特別なのだ

今の自分がキライでも1年後には変わってる

そう考えると気持ちがちょっとラクになる

私は方丈記の冒頭が好きだ

【ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし
世の中にある人とすみかと、またかくの如し】

訳すとこうだ

【流れて行く川は決してとどまることなく
流れる水は元の水でもない
水の泡は消えたり生まれりを繰り返しながら
長い間とどまっていることもない
世の中にある人と家も、この流れと同じようである】

今がそうだからと言ってそれは長くは続かない
絶えず変化している

いにしえの世からの揺るがない法則だ















彼岸花

669229_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

彼岸のお墓参りに行ったとき
彼岸花が咲いているのを見た

彼岸花の名前の由来は2種類あるそうだ
まず花の咲く時期

もう一つは
どの部分にも毒を持っている植物なので
これを食べたら彼岸に行くという説もある

更に、雨が降ると一気に咲きそろうそうだ

何となく『あの世』をイメージさせる

名付けた人はスゴイなと思う

一方で
その毒を活かして
悪さする動物から死人を守っていたという

昔は土葬だったから、彼岸花の存在は
頼もしかったであろう

テレビで動物のフンを食べる糞虫の生態を見た
牛や象などの大量のフンを消化していく

その虫の存在がないと
そこから疫病が発生する可能性がある
分解してくれることで
それを防いでくれている

自然の中で
それぞれの役割があり
時の流れを守ってくれている

自然は英語でNatureと訳すことが多いが
そこには
生まれ持ったとか
人の本質という意味もある

自然体というのは
植物や昆虫のように
自分の生まれ持った本質を
見せるということなのだろうか?

ただ人の本質というのは1つではない
付き合う人とか環境とか習慣など
様々な要因で変わる

だからこそ、
自然体の自分を求めるというのは
難しいことなのではないのかなと感じる

今のあなたが自然体なのだから










本人から聞いたことですか?

1923985_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

中居正広の『ニュースな会』で
政治評論家の田崎氏が
「石破さんは呑みの席で説教する」と言ったときに
中居さんは
「誰に聞いたんですか?」と尋ねた

そうしたら田崎氏は、しどろもどろだった
自分が裏取りをした話ではなかったのだろう

同じことをフジテレビの三田アナウンサーにも指摘したことがある
「それは自分で調べたの?
当事者が聞いたら傷つくよ」

三田アナウンサーはその言葉にハッとして
そこから取材や仕事の仕方を見直したらしい
有難い言葉だったと後日話している

噂というのは
正しいかウソかに関わらず広がるのが早い

いやむしろ、嘘の噂のほうが早く広がる

自分が確認していないことは
鵜呑みにしないほうがいい

その人の主観などが入っている場合があるので
知らないうちに、あなたも巻き込まれる場合がある

なぜこの人は
この情報を話しているのだろう?
何も考えていなくて面白半分に話してるのか
拡散させたいのか
本当にそうだと信じているのか

自分が実際に見たり
その本人から聞いた話でない限り
憶測でものを言わない方がいい

憶測が伝わるうちに事実のようになっていく

すぐに拡散できる今だからこそ
慎重さが大切だと思う








ギャラリー
  • 実際に
  • めんどくさいのは
  • 一方通行では伝わらない
  • 幸せですか?
  • 効く薬
  • 声が似てくる
  • 少し休んでいってください
  • 虹の元は無色
  • 目と眼