22243948_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

今日は十和田市立中央病院様で
看護師研修をさせていただいた

皆様ありがとうございます

病院の駐車場に停めた時に
焼き芋屋さんが目に入った

もうそんな季節なんだなあ
冬が来るなあと思いながら研修に向かった

帰りにまた目に入り
母親に買って帰ろうと思い立ち
購入した

ホクホクしていてとても美味しかった

その季節になると
思い出すものや食べたくなるものってある

私は焼き芋や
10月~3月まで販売する、あじまんのお焼きなどが
思い出されるが

他にも牡蛎とかいろいろある

私は若い頃、あまり食に興味がなかった
少なくとも今よりも半分くらいしか食べていなかったと思う

それが食べるようになったのは
父親の死に遭遇してからだった

私の父親は胃がんで無くなった
手術で全摘をしてからは
ほとんど、食べることもできないまま
この世を去った

私はその姿を見て
生きているうちにしか
元気なうちにしか
美味しく食べることができないと実感し
そこから感謝して食べるようになった

だが、代謝が悪くなる中年期になり
肥満や健康診断の数値が気になるようになってきた

そこから思った
何も気にせず食べることができる時間は
限られているのだと(笑)

人生思うようにいかないものだと
こういうところでも思ったりする