書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#岡部あゆみ

抜け出すために

24131130_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

大切にされない事に慣れたらダメだよ。あなたを大切にしない人と一緒にいると自尊心が下がり自分でも自分が大切だと思えなくなってしまう。大切にされない事に慣れると感覚が麻痺してきてそれが普通だと錯覚し悪い人間関係から抜け出せなくなってしまう。忘れないで。あなたは大切にされるべきなんだよ

— Testosterone (@badassceo) July 4, 2022 " target="_blank" title="">http://


これは自分が気づかないうちに
そのような状況になっている可能性があるから
本人よりも周囲が先に気が付く場合がある

いくら周囲が言っても
本人が納得して行動しない限りは
変わらないので、他人は、あくまでもきっかけづくりの役割でしかない

本人がそう判断する一番の基準は
自分が大切にされているかどうかだ

大切というのは
あなたが大事だと思っていることを
尊重してくれているかどうかだ

自分の価値感を押し付けてきたり
話を聴いてくれなかったり
だんだん自分自身の価値観が何かがわからなくなってきたら
今一度立ち止まって考えて欲しい


私が悪いから・・そういう考えが浮かんだら
もう自己肯定感が失われ始めた合図だ

自分が壊れてしまってからでは
その環境から抜け出すのは
元気な時の何倍も時間がかかる



もしかして

1364293_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです


実は同じ長さです pic.twitter.com/T3BxloAJuq

— 柳葉 (@dome3sakamoto) July 2, 2022 " target="_blank" title="">http://

時間は同じなのに
過ごし方で、長く感じたり短く感じたりする

学生時代、授業中に、まだこんな時間?と
何度も時計を見たことを思い出した(笑)

ちなみに十和田市は12時になると
市内に『アマリリス』の曲が一斉に流れる
結構大音量だ

それが聞こえると中学生たちは
あと〇分で授業が終わる~
お昼だ~という目安にしているらしい

でもこうして同じ長さなのに
矢印の向きだけで変わって見える
人間の目は、なかなか、いい加減だ
脳は騙されやすい(笑)

不思議なもので
騙されないぞ!と思っている人ほど危ないそうだ

もしかしたら
騙されるかもしれないから用心しようと
思うくらいが丁度いいらしい

人は必ず死ぬという『絶対』以外に
世の中には『絶対』というものが無い
『もしかしたら・・』の世界なのだなあと思う

明日のことは誰にもわからない








わからない

23877406_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです


心理学を学んで、
大学の四年間で他人は分からないということが分かり、
大学院の二年間で自分も分からないということが分かった。

— motta (@gunfish444)
July 2, 2022 " target="_blank" title="">http://

これって本当にそうなんだなあと思う

人間って分からない
答えがないからこそ
1人1人違うからこそ
永遠の課題なのではないかと思う



汗をかかない

4001185_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

この時期になると意識するのだが

私は昔から、汗をあまりかかない
要は代謝が悪いのだ

女優さんなら良かったのにねと言われるが
女優ではないので、特に役に立つことはない(笑)

だからこの時期は体に熱がこもる

内臓が冷えているのかもしれないので
なるべく常温のものを飲むようにしている

お金ではなく
脂肪や水分など、貯めたくないものをため込む私だ(笑)

ちょっと意識して動いたり
岩盤浴やスチームサウナにも
入ろうかなあと思っている

が思うだけで、ものぐさの私は動いていない

まずは朝に歩こう!
そう思い、我が家の犬を誘ってみたが
家の犬は散歩嫌いなので
行こうとしない

いや、犬のせいにしてはいけない

立つんだオカベ
家を出る前に燃え尽きそうだ(笑)

客観的に見る・聴く・話す

23411135_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです


彼氏とケンカをした友人。話を聞いてほしい…と電話をかけてきて一声、「今からケンカの原因を話すけど、私の言葉を信じすぎないで。無意識に自分の都合がいいことだけ伝えちゃうかもしれないし…」の言葉で、友人を信じようと思った。ふとした時に出る、人間性。好きすぎて、私も使わせてもらってる。

— まっちゃ|繊細な本の人 (@maccya_book)
June 30, 2022 " target="_blank" title="">http://

この友人は大人だなあと思った

私は年齢を重ねて、今だから
少しは客観的に見ることができるようになってきたかなあと
思ったりすることもあるが

若い頃は、ケンカをして
同じシチュエーションで友達に話すときは
あたかも、自分は悪くないという言い方で
話していたと思う(笑)

話すだけでなく
聴く時も同じで
思い込みが激しかったり
どちらかに偏っていると
とんでもない助言をしてしまったり
間違ったことを助長したりする

自分の考えを一度
自分で疑うことも必要だと思う







ギャラリー
  • 抜け出すために
  • もしかして
  • わからない
  • 汗をかかない
  • 客観的に見る・聴く・話す
  • これって大事だと思う
  • 『孤独感』『劣等感』『疎外感』
  • 救ってくれた言葉
  • 一緒に喜べる人でありたいと思う