書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#岡部あゆみ

本質は変わらない


5045891_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

例えば
公園に上記の物があったとして
「これは何?」と質問をしたとすると
大抵の人は「ベンチ」とか「椅子」と答えると思う

でも
この側に

4813012_s

があれば
さっきの物は「テーブル」となる

同じものでも周囲にあるものによって変わってくる

人も同じで
子どもの前では親
会社では会社員
学校では先生や生徒
親の前では子ども
とその場によって同じ自分だけど変わる


でもそれって当たり前のことだし
全てが自分だ

外からの呼び方や立場か違うだけで

自分は自分だ

本質は変わらない









目が疲れるけれど

4973446_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

本屋さんに行って
何となく本を眺めていたとき
とても目が疲れることに気付いた

何でだろう?と思ったときに
平積みで置かれている本がとてもカラフルだからなのに気付いた

いつの頃からか
ランキングに入る本は
ビジネスの
how to物が上位を占めるようになっている

目立つためだろうか
黄色とかピンクとかが目に飛び込んで来る

そしてお店の前面には
付録がメインの雑誌が並べられている

時代の変化だなあと感じる

文庫コーナーに行ってみる
手に取ると
文字が小さくて腕を伸ばす

ここでも年月の変化を感じることができる(笑)

でも活字を読むというのは
やっぱり好きな作業だ
すぐ目が疲れて持続力はなくなったが
休憩も読書の時間に加味しながら
読んでいこうと思う

今の時期は外でもいい
カバンに一冊入れて
公園に行ってもいい

読むスタイルは自由だ

あっ!本プラス眼鏡も忘れないようにしよう(笑)




















自己紹介が苦手

4774924_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

私は自己紹介が苦手だ

高校生の頃
4月の最初の授業で
自己紹介を書きなさいと
先生から原稿用紙を渡された

私がその時に書いたのは
私は守田あゆみです(旧姓)という名前しか書けなかった(笑)

それ以外書くことがなかった

集める時に
友達の原稿用紙が埋まっているのを見て
ビックリしたのを覚えている

何を書くのだろう?
とても疑問だった

それは今でも続いていて
私のHPの自己紹介は知人に考えてもらったものだ

他のことは書けるのに
こればかりは苦手だ

考えてみると
毎年、確実に自分の歴史は増えているわけで
自己紹介も変わっていく

歴史はだんだん増えていく(笑)






細かい

5039914_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

芸能人に似せたメイクをする
美容系YouTuberがいるが
その人たちの課程を見てみると
アイメイクなどとても細かい

その人の涙袋とか
目尻の形とか
鼻との位置とか
観察眼がすごいなあと思う

でも考えてみると
私も習字の手本とか
字を書く時に細かく見ている
線のミリ単位の違いが気になる

でも興味のない人からすると
そこまで見る?
字なんて書いてればいいし意味ないよね?
と思われるかもしれない

でもこだわることが好きな私がいる

私だけじゃなく
今読んでいるあなたも
自分の仕事や好きな事に対しては
とても細かく見ているのではないだろうか

そしてその細かい観察眼が
仕事や趣味に自信を持つ糧となっている可能性が高い


好きだから細かくなるのか
細かく見るから好きになるのか

どちらが先なのかはわからない

よく観察するということは何かを知ること

知ることが多くなるということは
自分を成長させる























弱い

4849769_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

私は小さい頃
よく熱を出す子だった

もともとあまり体が強くない

そんな私が少しずつ風邪をひかなくなったのは
高校を卒業して家を出てからだった

でもそれは後から気づいた
ただ気が張っていたためだと(笑)

家に帰るとよく寝込んでいた

今でも長い休みになると
体調が悪くなる
気を張っていたのが一旦オフになるからかもしれない

私はヒカリモノが好きだ
といっても宝石ではなく
お寿司のヒカリモノだ

イワシ、アジ、サバなどが大好きだ

イワシは魚へんに弱いと書く
これは鱗が傷つきやすく
すぐに傷みやすいところから来ているらしい

弱いという漢字は
たわんだ弓からきている

だからなのか、弱いには
柔らか、しなやかという意味もある


弱いという漢字にはマイナスを連想しがちだが
このように優しい意味も併せ持つ

弱いのは悪い事ばかりではない

私はダメだ・・と
一つの側面からだけ見ないで
柔軟に物事を考えて行こう

そしてイワシは群れとなって泳いでいる
1人じゃないのだ

あなたの仲間は周囲にたくさんいる




ギャラリー
  • 信玄餅
  • 信玄餅
  • 本質は変わらない
  • 本質は変わらない
  • 雑談から
  • 目が疲れるけれど
  • 自己紹介が苦手
  • 細かい
  • 弱い