書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#寄り添う

寄り添うというのはどういうことなのか?

flowerhandGFVL3517_TP_V

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

落ち込んでいる人、悩んでいる人がいたら
寄り添って欲しい

よく聞かれる言葉です

でも具体的にはどうすればいいの?
実際に目の前にいたらどう接してあげたらいいの?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません

寄り添うとは
相手の意見を理解するということではなく
共感するということです

何故その人はあなたに話してくれたのでしょう?

あなたに話したかったからです
あなたに聴いてもらいたかったからです

自分の気持ちをこの人なら受け止めてくれる
と思っているからです

あなたのことを信頼してくれているのです

その人の気持ちを受け止めてください

「それは違うとおもう」というのはあなたの意見です
相手はそういう意見を求めているわけではありません
何か答えを求めているわけではないのです

自分の気持ちを整理するために話を聴いてほしいだけなのです

だから、頷いて話を聴いてほしい
そう思います

一人一人状況も違います
個性も違います
子どもの数だけ、親の数だけ答えがあるのです
そしてすぐに答えが見つかるものでもないのです

寄り添うということは
何の先入観もなく相手の話を聴いてあげること
自分の気持ちもフラットでいることが大切だと思います








聴く、受け入れる、待つ

KZ18610cyuzenjiko_TP_V

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです


テレビで
偶然、引きこもりの息子さんがいる
80代の母のインタビューを聞き、涙が出た

息子さんは
14年間引きこもり、現在45歳だそうだ

14年前というと31歳、原因は仕事だろうか?人間関係だろうか?
理由はわからない

その方は次のように話していた
「生きているだけで十分、あの子に添うというか・・
 やはり焦ると、上から目線でものを言うようになる
 聞く・受け入れる・待つ、それも大事じゃないかと思えるように
 親も変わってきたんじゃないかと思う」


不登校も引きこもりも、子育ても、これが正しいという正解はない
このお母さんは、今までの体験の中で、葛藤の中で
この思いが生まれたのだ
私はこうしていこうと決めたのだ

ここの答えにたどり着くまでにどれだけ涙を流し悩んできたのだろうと
道のりを思った

見えない出口の中で、一筋の光を見出していくには
自分の心の中で、折り合いを付けて
受け止める覚悟をしなければいけない
(ただし、これに家庭内暴力が絡むのならばすぐに第三者に相談した方がいい)

でも、一人だと限界がある
崩れそうになる時もある
そういうときは人に頼ってもいい

だけど、「解決できます」と簡単に言う人はちょっと怪しい(笑)
すぐに解決できる1つの方法なんてないから
それぞれ違うから、それには惑わされないで

一人じゃない
あなたの話を聴き、寄り添い、その難しさを分かってくれる人は
必ずいる









生きづらさと向き合う

ISHI845_nikohb_TP_V

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットーの岡部あゆみです

人というのは何か事が起こった時に
自分が考えうる範囲での理解しかできない

私はあまり意味のない関連付けをすることはしないように心がけている

分かりやすいところで言うと【母子家庭】だ
子どもに何か問題があると「やっぱり・・」という
ドラフトなどで選ばれた選手が母子家庭だと美談にする

母子家庭=寂しいという図式ができているんだなあ

家族の形によって幸せが決まるわけではない

それは周りから見るだけではわからない

それは多分私が母子家庭だから
子どもが不良で
高校退学してという
立ち位置になったからそう思うのかもしれない

そう考えると
いろんな負だと思った出来事も
糧になっているのだなと思う

様々な意見があるからそれは否定しない
母子家庭は・・・と思う人もたくさんいる

私はそういう意見もありますよね
でも私はそう思っていませんよと心の中でいうだけ

そういう場面は数多くある
数えたらキリがない

私がしたいことはそういう意見を持つ人を
説得することではない

どういう家庭環境であれ
今、生きづらいと思っている子どもやその親の
気持ちがラクになる方法を自信が持てる方法を
考え提案し寄り添うことだと思っている









ギャラリー
  • デカルコマニー
  • 体は正直
  • 箸と鉛筆
  • 関わる事
  • 混ぜる
  • 緑
  • 今昔
  • 手抜き
  • ○○でいい