書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★産業心理カウンセラーカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#お金

ホコリとお金

2361981_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

部屋を掃除しなくちゃだなあ・・と考えていた私
ふと考えた
【ホコリはすぐ溜まるのに 
お金は貯まらないのは何でだろう】

結果、お金は使うが、ホコリは使わないからという
ゆる~い結論に至った(笑)
ホコリは使うことがない
せいぜい、ゴミ箱か掃除機に移動だ(笑)

溜まるの『溜』は、区画された田んぼに水がとどまっているという形から、
貯まるの『貯』は、貝(昔は貨幣の役割)を、たくわえるための器具の形から成立したものだ

溜まるは、一つの場所に集まる
貯まるは、消費されずに増えるという意味らしい

ホコリを溜めないためには
こまめに掃除をし
お金を貯めるためには
こまめに管理する

二つの【ためる】の共通点は
『こまめ』だった(笑)

って考えてる間に、手を動かせ私!

モヤモヤしています

ELLY129073633_TP_V

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットーの岡部あゆみです

私は心がモヤモヤしている案件がある

きっかけは2月3日の日曜日の午前11頃の出来事だ

お不動様の教室に「すみません」という声

一人の50代くらいの男性が訪れた
出てみるととても焦っている

話を要約すると

車がガス欠になりそうだ
でもお財布を忘れた
必ず返しに来るから2000円貸して欲しい
という内容のものだった

家は五戸らしい

私は迷った

困っている人が目の前にいる
だけどどうしたらいいものか?

そのときに私は数日前のある出来事を思い出していた

それは木曜日の教室が終わったあとの午後8時
私は帰ろうと、お不動様の駐車場を出ようとした

そのときに雪の山に前のタイヤがはまり
アクセルを踏んでもバックしようとしても
何をやっても動けなくなった

タイヤの周りを雪かきしても変わらない
時間だけが過ぎる

どうしよう!JAFを呼ぶほどでもないけど
もう少しで出そうだけど・・・

私は焦っていた

そこで私はどうしたか?

隣のお不動様を管理している家をピンポンしたのである

何度か会話をしたことはあるものの
その程度だ
夜8時にピンポン
その家の人もびっくりしたに違いない

でも手伝ってくださった
注意されるかと思ったが
「ここは屋根からの雪がたまるから気をつけて」と
逆に気遣ってくださった

次の日お礼に訪ねると
「お互い様だから」と言ってくださって嬉しかった

そういうこともあり
その人の免許証を写メして
私は貸す決断をした


私が教室日にしかいないことを話すと
その人は2月14日に返しに来ますといった

そう!今日なのだ

でも私はずっと悩んでいた
ホントにこれでよかったのだろうか?


その人は

お不動様をお寺だと勘違いし
ここだと何とか助けてくれると思ったのかな?とか

給料日が10日なのかな?とか
だから14日って言ったのかな?とか

いらないことを考えてしまう

お金よりも
人を疑ったり信頼したりの
気持ちの揺れと
自分の行動が良かったのか?という自問自答をするのが
とても気持ちが悪い


でも後から思った
今度から何かこういうことがあったら
700メートル先くらいに駐在所があるから
そこに相談してくださいと言おう


さて・・どうなるかな

どうなっても自分の決断したことだからしょうがないのだが・・

この続きは明日








【退学金(笑)】

言葉と文字で人を育む書道の先生
岡部あゆみです
kyousitu


いろいろ乗り越えてきた私たちですが、

娘の高校時代のことを少し

娘は高校2年の秋に、退学しました。
事務手続きは私一人で済ませた帰り道

ふと、目に止まった宝くじ売り場

あっ!退職金があるのなら、
退学金もあるかもしれない。
買おう!と思い立ち
10枚購入 

結果は……もちろんハズレです笑笑

当たり前です。

退職金は、長年勤めあげた人に出るもの!
娘は学校行ってないし(苦笑)

そういえば手続きして家に帰ったら
娘はラーメンを食べながら、テレビ見て
笑ってた

親の心子知らずとは、このことだと
体感したなあ

今となっては、いいネタです🤣

今、苦しんでいるみなさん。
いつかは絶対に笑って話せるときが来ます

必ず!

ギャラリー
  • 7月20日 『不安です』
  • 7月19日 『自分の正しさは・・』
  • 7月18日 『コスパ・タイパ』
  • 7月17日 『私は文学部です』
  • 7月16日 『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』
  • 7月15日 『レッスン』
  • 7月14日 『哲学家池田晶子氏の言葉』
  • 7月13日 『子どもの声』
  • 7月12日 『動揺』