書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

#産業心理カウンセラー

お手本は

_20220120_175047
言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

高校の書道部を舞台にした
【とめはね】という漫画がある
以前、NHKでドラマ化されたことがあるので
記憶されている方もいらっしゃると思う

教室にも全巻おいてあるが
その中に次のような台詞がある

「お手本は書くために見るのではなく
見るために書くのだ」

なるほどなと思った

書くほどにお手本をよくみるようになる

子どもたちも年数が経つにつれて
見方がだんだんわかってくる

書くことで、見えてくる

これと同じで
話をきいたり、本を読んだりして
頭ではわかっていても
行動すると新たな気付きがでてくることがある

頭で考えてうまくいきそうでも
いざ動いてみると
不具合が生じることもある

まずは
試してみよう
動いてみよう

そしたら本に書いてあることが
腑に落ちるかもしれない






必ずしも時代のせいではないような気がする

5141319_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

人に被害を及ぼす
嫌な事件が起きるたびに
出てくるワードがある

【コロナの閉そく感】だ

私は、これで考えてしまうと論点がズレてしまうような気がする

閉塞感があったら事件を起こすのか?

身勝手な行動で事件を起こすのは
それとこれとは全く別で
個人の問題だと私は思う

事件が起こった時
人は原因を探そうとするが
その答えは、
あくまでもその人自身が納得できるものでしかない

その納得できる材料が見つからない時
時代のせいにしがちだ

人は環境の生き物
環境に左右される場合も多い

でも
同じ環境にいても
そうじゃない人もいる

全てがそうではない
















おめでとう

1642234893472

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

今日は娘の28回目の誕生日だ
そして私が親になって28年目にあたる日でもある

私の娘は現在なぜか大阪にいる
なぜかとつけたのは
東京から一旦青森に戻ってきて
ある時、急に「大阪に行く」と言って
旅立ったからだ

寅さんのような娘には慣れているので
それほど驚かない
お正月に住吉大社にお参りに行った写真を
見ると元気なようだ(笑)

私も遥か昔は
こういう娘になってくれたらいいなあという
理想像があったが、
子育てをしていて
それはあくまでも理想だと
思いしらされた

でも、考えてみると私も
自分の親にとっては
思い通りにはなっていない(笑)

親子といえども
別人格
それぞれの人生がある

要は娘や私がそれぞれで
幸せだと思っていたら
いいかなあとだけ願っている

そう考えられるようになったのは
28年の年月のおかげだ

人は子どもが生まれたら親と呼ばれるが
そういう呼び方がついただけで
まだまだ親としては未熟だ

子どもの年齢と同じなのだ

だから子どもに成長させてもらいつつ
親になる

うまくいかなくて当たり前
失敗しても当たり前

人を育てるということは
自分も育ててもらっている

周囲も
親になったのだから
これができて当たり前とか
過大な要求はせず
焦らせないような気遣いが必要だと思う






解せないことが多いなあ

IMG_8237ISUMI_TP_V4


言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

最近、えっ?日本ってこんなに
ガチガチな社会だったっけ?と
思うことが多い

警察官や消防士の方がお昼休みに
コンビニによったり
自動販売機で飲み物を買っても
クレームが行く

バスの運転手さんが
たまたま乗ってきた奥さんと
お昼休みに昼食を取っていると
クレームが行く

減給になったりする

制服を来ていても
勤務中の休憩はある
なぜそれが気になるのだろう?

そして、クレームを受けた会社も

「休み時間です
勤務中は真面目に働いています」で
いいのではないかと思う

クレームが来ても
直す必要のないものもある

何が大切なのかをはっきりしないと
意見に振り回されてしまう

今朝、このようなニュースを見た

【文部科学省は大学入試における
ガイドラインを改定し
オミクロン型感染者の
濃厚接触者は症状の有無に
かかわらす受験を認めないことに決めた】

どうしたらこういう意見が出るのか
怒りすら覚える

受験生を不安にさせてどうするのか?

何か解せない


イルミネーション

SHIKUN1222008_TP_V4

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

最近は4時になると暗くなるので
夜が長い

何となく、昼が長い方が
「この時間でも、まだ明るい」と
お得感を感じる私だが

先日、知人と話をしていて
あることに気づいた

それは、イルミネーション

その知人はイルミネーションが好きで
十和田湖にも毎年見に行くという

私は寒さに負けるので
見に行くことはないが(すみません)

その人曰く
冬だから、寒いからキレイだという

確かに冬は空気が澄んでいるし
日が沈むのも早いから
イルミネーションには適している

冬の雰囲気がイルミネーションによって
明るくなる

そしてロマンチックだ

そっか~キレイだろうなあと
と思いつつも
やはり私は、あたたかい部屋がいい(笑)






ギャラリー
  • 抜け出すために
  • もしかして
  • わからない
  • 汗をかかない
  • 客観的に見る・聴く・話す
  • これって大事だと思う
  • 『孤独感』『劣等感』『疎外感』
  • 救ってくれた言葉
  • 一緒に喜べる人でありたいと思う