書道とぱんだとハイボール

書道の先生とコミュニケーションアドバイザーをしています 私の人生、大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!https://okabeayumi.net

オカベが思うこと

口に合わないだけだから

e0075cc9935b3ac9156cdd15fefba99c_s (1)


コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです


私は小学校に入学して中学卒業まで苦手なものがあった
それは給食
まず量が食べられない
ちょっぴりと申告しても私が思っている量より多い(笑)

好き嫌いも多いこともありとても苦手だった

食べる立場と
食べさせる立場だとちょっと違ってくる

我が家のトイプードルも食が細い
ご飯だよ~というと
喜んで食べる犬が羨ましい

ネットなどで評判がいいフードなどや
これがいいよと紹介されたフードなどを試してみても
中々食べてくれない

元々小柄で1.9㎏なのだが
1か月前に季節の変わり目なのか
普段よりも食欲がなくなり1.6㎏になっていた

私にとっての300gは大したことはないのだが(笑)
犬の300gは重大だ

またいろいろ試してみた
そうしているうちにふと気づいた

犬だと食べないからといって
「これは体にいいから」という説得はないなと(笑)

次は食べてくれるかなあと様子を見るしかない

子どもだとついつい
そういう言葉が口に出たりする
でも食べられないものは食べられない

私も嫌いな食べ物があるが
説得されても絶対食べられない

今食べられなくても、大人になってから
食べられるようになる食材もある

料理研究家の土井善晴さんが自分の子どものために
離乳食を作った時も子どもは食べてくれなかったそうだ

その時に土井さんは
「美味しいとかそういうのではなく
食べたいか食べたくないかだった」と笑っていたそうだが
そういうこともある(笑)

1か月後、犬は、1.6㎏から1.8㎏に増えてきて
安心したが、

もし、周囲の人が、食べてくれないと悩んでいる方は
自分を責めなくてもいい

工夫は必要だけど、もしそれがうまく行かなくても
落ち込まなくてもいい
また何かチャレンジしていきましょ

あなたのせいではないから






ずっと欲しかったものをついに購入

e5dc3e0c247b2d2e4c121af56e784e18_s (1)

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

私はコミュニケーションカウンセラーと書道家の肩書を
名乗っております

私がずっと欲しかったものがある
それは墨すり機
墨すり機

スイッチを入れると自動で墨をすってくれる

いい墨液もたくさんあるのだが
やはり磨(す)った墨は伸びも違う

10月が誕生日だったのだが
この度、思い切って購入した

2時間ほどで磨りあがるのだが
ふと思った

昔はこういうものはない
テレビもない
ネットもない
磨りながら何かを見るということもない
見るとしてもお手本くらいだろうか

人々は
延々と墨をする時間
何を考えていたのであろうか?

誰かと話をしながら?
誰かのことを考えながら?
どんな作品にしようか思い描きながら?

流れる時間は同じだけど
どう考えるのか
どう過ごすかは違う

この年になると
あとどのくらい動けるだろうか?などと考えたりする
母(もうすぐ80代)曰く
50代はまだまだ働き盛り!というが

20代や30代の頃よりも未来の色がバラ色ではなく
ちょっとグレーが混ざってくすんでいるような未来を
描くようになっている自分も否定できない

だけど、まだまだ死ぬまで修行
可能性の『可』という意味は
良いという意味で
口の中から大きな声を出すという形から来ているそうだ

大きな声を出すと波及効果があり
それが可能性を引き出すということであろうか

よし!大きな声で言おう
〚王様の耳はロバの耳~〛
何かスッキリしてきたよ(笑)








第六感

8876ddc78b0215627bff0d141e88931d_s (1)


コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです


私の友人がこのようなことを話していたことがある

「この年になるとさ
大体自分に合う人がわかってくるよね」

私もそれは何となくわかるような気がする

合う合わないは年月ではない
何か第六感が働くような気がする

実際、その友人ともさほど長い付き合いではないが
お互い居心地が良く
悩んでいることも相談している
長いこと会ったいなかったりすると
どうしてるかなと気になる存在だ

大体合う人がわかるというのも
人生経験の1つではないかなと感じる今日この頃だ

でもその経験はどこから来ているかというと
いろんな過去の失敗から来ている

嫌な思いになった人もいた
裏切られたと思った人もいた
もう会いたくないと思った人もいた

また逆に私も思われていることもあるだろう

だけど、そういう失敗があったから
今、対人の失敗を最小限に食い止められると思うと
これまでしてきた嫌な思いも悪くない

もう一つ私が思うことがある
それは自分のことを嫌いになっていたり
卑下したりしているときには
絶対いい人と巡り合わないということだ

やはり、自分のことを好きでいないと
いい人は集まってこない
そんな気がする

私は以前、他人を嫌いになるなんて
そういう自分がダメだと思って責めていたけど
今は違う
嫌いになることもあるし
嫌われることもある

でもそういう自分も好きでありたい
そう思う



巻き爪

IMG_20191017_170331

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

私は右足の親指がよく巻き爪になる
爪が伸びる途中で食い込んでしまうのだ

これまではそうなっても
自力で直していたのだが
今回は化膿してしまい病院のお世話になった

さすが病院!
抗生物質と塗り薬で日に日に良くなっていくのが
わかった☺️

でもそういうときに思う

健康っていいなあって笑

指先のほんの小さな箇所なのに
それが生活全体に影響する

普段意識していないけど
一つ一つの細胞に感謝だなあと思う

子どもの頃はテストの成績の数字を気にしていたけど
大人になると
健康診断の数字を気にするようになる笑

自分なりに気を使わなくちゃいけない
お年頃だなあとそう思う岡部なのでした





講演をして感動したこと

_20191110_091338

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

先日、ひかり保育園さんの幼児祝福式で
『学校やめた娘から気づかされた子育ての原点』と
題して講演をさせていただきました

40名近くの保護者の方が熱心にお話を聴いてくださいました

私は恥ずかしながら、祝福式を初めて知ったのですが
キリスト教の七五三のような感じだと
分かりやすく教えていただきました☺️

講演のあとに続けて祝福式でしたので
是非見たいなと思い私も参加させていただきました

円の子どもたちが並んで座り
お名前を呼ばれた子どもたちが
一人ずつ牧師さんの前に行きます

牧師さんがその子の頭に手を置き
「神のご加護がありますように」(だったかな?ちょっとあやふや)とその子の幸せを祈ります

私が感動したのはそのあと

子どもたちが今度は
保護者の方に向かって
「ここにいる人たちも神のご加護がありますように」
と幸せを祈ったところでした

人のために祈る
人の幸せを祈る
素敵なことです

昨今、世間が、自分さえよければ
自分が損をしなければいいという風潮が
強くなってるような気がしていたので
この風景にとても感動しました

私もいつも周りの人の幸せを祈っていたい
そう思いました

ひかり保育園の先生方、保護者の皆様
子どもたち、ありがとうございました😃❤️😃










ギャラリー
  • 口に合わないだけだから
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • 第六感
  • 巻き爪
  • 先生ありがとうございます
  • 講演をして感動したこと
  • 離れてわかる親の気持ち、年取ってわかる親の気持ち
  • 自分を大切に出来る人は周囲の人にも優しくできる