書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

オカベが思うこと

私達ができること

427537_s

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

ホラー映画の技法として
これから何が起こるか観客に事前にわからせて
より恐怖を煽るというものがある


『Tomorrow明日』という映画がある
原爆が投下される前日1945年8月8日の長崎が舞台の作品だ
ドラマにもなっていたので、TVで見たという方も多いかもしれない

見ている私たちは、明日原爆が投下されるということを知っているが
物語の人々はもちろんそれを知らない

結婚式を挙げる人
赤紙が届き、別れを悲しむ恋人たち
出産を間近に控えた夫婦など

いろいろな人生が描かれる

投下後の様子は描かれない
あくまでも前日までだ

人々の日常が一瞬にして無くなる・・

明日は誰にもわからない
だが、人災ならば食い止めることはできる


ニュージーランドのアーダーン首相が

『核兵器ゼロが広島と長崎の犠牲者への償いになる唯一のこと』と訴えかけた

広島や長崎で起きた惨劇に触れながら、「たった一つの爆弾が破滅を意味します」と強調

概要はこうだ

【1945年8月、世界は核兵器が何をもたらすのかを初めて目にしました。

最悪の結果を生み、爆撃の衝撃で亡くなっただけではなく、
その後も長く続く放射能の後遺症で、人々に想像もできない苦しみや被害をもたらしました。

それ以降も、太平洋などでの核実験による悲惨な影響を目にしてきました。

たった一つの爆弾が、破滅を意味します。
そして、核戦争がそこで終わるとは誰も信じてはいません。

数百万人の命を一瞬にして奪い、環境に取り返しがつかないダメージを与えます。

備えることができないのなら、食い止めるしかないのです。

ですからニュージーランドは、大多数の国連加盟国とともに、核兵器禁止条約を採決したのです。

このことが唯一、広島と長崎への原爆投下や、太平洋などでの核実験によって
苦しめられた人たちに対する報い、レガシーとなるのです】

20年以上前、イギリスに留学していた人が
8月6日の現地の新聞の一面を見てびっくりしたことがあったという
そこには『人類最大の失敗の日を忘れてはいけない』と原爆のことについて
書いていたそうだ

悲劇が再び起きないように
人災はもういらない

岡部のホームページはこちらから






暑さと疲労感

3627488_s

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

関東や関西に比べると青森はだいぶ涼しいが
そうはいってもやはり暑い

暑いと何故か体が疲れる
寒い時は、体に力が入っているのか肩は凝る感じがするが
疲れは感じない

思えば、夏バテという言葉はよく使われるが
冬バテとは言わない

調べてみると
部屋と外の温度差とか
冷たいものの取りすぎで胃腸が弱るからとか
いろいろ要因があるようだ

暑い国ではシエスタ(昼寝)が日課になっているが
わかるような気がする

『暑』は太陽を表す『日』と
台の上に芝を積んで火をたくという『者』から成り立っている

太陽が物を煮るほどあついといういうことらしい

想像するだけで暑い(笑)

夏バテしないようにするには
自分で自分の体調を見ていくしかない

自分は冷たいものでダルくなるのか
温度差で疲れるのか
寝不足で疲れているのか

『バテる』は疲れ果てるが語源らしい

疲れ果てる前に自分で自分を労わろう

時には甘くなってもいい


岡部のホームページはこちらから




それぞれに輝ける場所がある

3239449_s

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

人が評価されるときって何かしらの条件がそこに存在する
そして出来る出来ないというのは
その人の内面には全く関係がない

それをわかりやすく説明しているツイートを見つけた

東大首席の友人をすごいすごい褒めまくってたら
「僕の得意な『勉強』がたまたま皆やらなきゃいけないものだっただけで、例えば君の得意な『コミュニケーション』が必須科目だったら僕は劣等生だよ。」
と言われたことが忘れられない。
人を上下や勝ち負けで捉えないピュアな自信が最高に尊くない??

— もんぬ💍女営業の失敗 (@mon_nu13)
August 6, 2020 " target="_blank" title="">http://

皆、それぞれ得意なものがある
出来ないからといって責めるものでもない

そして努力しても結果がでなくても
その努力は決して無駄ではない
むしろあなたの財産となる


輝ける場所は必ずある
今そこにいる人はより輝けるように磨いていく

もし、違う場所にあるのなら
そこに行けるようにする

でもでも・・あなたは今、そのままでも輝いている
今日を過ごしているだけで
輝いていると思う

岡部のホームページはこちらから



8月6日

2497903_s (1)

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

昔、私が住んでいる青森県から見ると広島県というのは
本州とても遠いという感覚があった

今でこそ交通機関も発達しているが
私の小さい頃は、また東京までの新幹線もなかった時代である

親戚や知人にも広島県の人はいなかったため
原爆は教科書の中だけの世界だった


その感覚は成長するにつれ変化していった
最初は2人の担任の先生の影響だ

1人は小6の頃の先生

学級文庫に『はだしのゲン』の漫画を全巻置いた
作者の中沢啓治による自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的漫画である

それを読んで自分と同年代の主人公の話に、原爆のむごさを知った

2日目は
中学2年生の時の担任の先生
その先生は、広島県の大学で学んだ先生だった

何のきっかけだったかは忘れたが
クラスのみんなにこのような話をした

「先生が大学時代下宿していたところのご夫婦は
被爆した人たちだった。でも4年間一度も戦争の話を
聞いたことがなかった。私から質問をしたことがあったが
2人は決して話そうとしなかった。人はあまりに悲惨な体験をしたときには
話すことをためらう。話せるようになるには時間がかかる
もしかしたら、話せるようにはならないかもしれない
自分の心の中にだけ留めている人もたくさんいるのだ」と

高校の修学旅行は、奈良・京都・広島だった
原爆記念館にも行った
思わず目をそらしてしまった写真もあった


私は東京の大学に進学した
全国の友達がたくさんできた

その中で広島から来た子は被爆2世だった
親御さんは小さい頃に被爆したそうだ

いろいろな出会いの中で
私の知らなかったことを知る・気づく


広島、長崎、終戦・・8月は
平和を考える月でもある

そして平和は絶対に守らなければならないと思う


岡部のホームページはこちらから






発言がどういう影響を及ぼすのか考えてるのかなあ?

802714_s

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

日本にいるとわからないが
海外に行くとよく言われることがある
「水道の水は飲めません」

日本は水道の水は飲めないのではない
飲料水は買うことにして飲まない選択をしている人はいるが
飲むことはできる

蛇口をひねるといつでもキレイな水が出る
自宅のみならず公共施設や、店舗、公園など、どこでもだ

いつでもキレイな水で手を洗うことが出来る
うがいすることも出来る

コロナは
三密を避けて、マスク・うがい・手洗いが基本
というか私たちができるのはそれしかない

そのうがいに混乱を招いた人がいた
それも知事という立場で

根拠が薄い状態のままで
イソジンを推奨する会見した

その結果、またマスクや消毒液同様
イソジンが品薄になっている

このような発表をしたら
世間がどういう動きになるのか
またどんな影響を及ぼすのかについて
考えられなかったのかなあと思う

医療関係者も警鐘を鳴らしている

イソジンの会社の株価にまで影響を及ぼしている

発表する方も
買いに行く方も何でこんなに極端な振れ幅なんだろうなあと
思ったりする今日この頃


一人一人が三密を避け
マスクをして、水でうがいをして、石鹸で手を洗う
これを淡々を続けていくしかないのになあ

騒がず淡々とだ



岡部のホームページはこちらから

ギャラリー
  • 私達ができること
  • 暑さと疲労感
  • それぞれに輝ける場所がある
  • 8月6日
  • 発言がどういう影響を及ぼすのか考えてるのかなあ?
  • もっと○○したくなる
  • 私が悪かったよ……
  • 基本的人権の尊重
  • 何か怖いんだけど・・