書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

書道

疲れていると小さくなる

1454080_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

毛筆や硬筆を練習していて
疲れてくると、だんだん文字が小さくなってくる

大人の生徒さんは
文字を見るとその日の仕事のハードさがわかる(笑)

文字が小さくなるのは
疲れている場合だけでなく
ここをこうしようとかあまり意識しすぎると
小さくなる場合がある

うまく書こうと思うと逆に書けなくなる
無心とはよく言ったものだ

文字だけでなく
普段の生活の中でも
あまり考えすぎない方がいい場合もある

考えすぎると動けなくなる

例えば、右足を出して右足が前に出たら
今度は左足を出してと考えていると
中々前に進まない
転んだらどうしようと考えると歩けない

三歩進んで二歩下がるのも時間がかかる(笑)

それよりかは
あそこにキレイな花がある見に行こうといって
何も考えずに歩いて行く方が楽しい

【無心】とは無邪気という意味もある
邪気(悪い気)が無いということ

不安や心配ごとを考えすぎないで
ちょっとした楽しみを見つけていくことが
良い結果を生むのかもしれない

私は無心で文字を書いたり
日々を過ごしたりできるだろうか?

なるべくそう生きていきたいものだ






名前のリクエストを受け付けております 誕生日と名前はこちらからどうぞ



褒め方レクチャーを受けた日

3624987_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

「あともう少し練習したら書けるんじゃないかなあ
例えば100メートル走だったとしたら80メートルくらいは
来てるよ」

そう話しかけたある日の教室

1人の生徒が私に言った
「先生、そういう時は80じゃなくて90メートルっていうもんですよ
そうしたらやる気が少し出ます。先生は言葉のチョイスが下手です(笑)」

私は「はい」って素直に認める(笑)

私が教室をやっていて面白いなと思うのは
こういう話ができるからかもしれない

子どもの年齢は関係なく
園児からもハッと気づく言葉をもらうこともある

だから割と対等に話しているような気がする

習字教室というのは
学年、年齢に関係なく一緒の空間にいる

私が話したことで小さい子が「どういう意味?」と質問すれば
高学年の子が教えたりしている

「○○しない方がいいよ」と私の代わりに注意してくれることもある

空間に一緒にいるというのは
お互いに成長しあうということなのだなと思う



名前のリクエストを受け付けております 誕生日と名前はこちらからどうぞ





私が悪かったよ……

895591_s (1)

産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

私の教室は、教室日の時間内ならば、いつ来ても良いシステムだ
生徒はその週の木・日のうち、都合の良い日に来る
月4回の教室だ

7月の木曜日は5回あった
いつもは1回お休みするのだが
コロナで4月半ばから連休明けまでお休みしたことと
8月はお盆で休むため、7月は休まず5回することにした


前もって教室だよりなどでは伝えていたので
日程には混乱がなかったが

問題はここからだった

私は自分のなかで、この5回目からは
8月号のお手本課題をしようと決めていた

4回目が終わった時点で
7月の作品をまとめ、京都の添削課に郵送した
(日本習字では毎月全国の教室が京都に作品を送ります
そこで添削、段や級が決まり、またその作品が戻ってきて生徒に返されます)

今月も無事に提出できたなあと思い臨んだ5回目

1人の生徒が
「え~今日は7月号じゃないの?今日頑張って作品出そうと思ったのに」と言った

私が
「今日5回めだし、8月号をするよ」というと

「先生、それを伝えましたか? 私、今日が4回目です
先週は用事があってくることができなかったので
今日やろうと思っていました。」と言った

結局8月号に落ち着いたが
後で振り返り生徒の言うことは、もっともだなと思った

私は教室で、字が上手くなることも勿論だが
このような会話もとても大切だと思っている

私は「7月の5回めは8月号です」と伝えていなかった
そうだよな。伝えていないとそう思うよなあと
自分の中だけで物事が完結していたことに反省した


次の教室日、教室に来たその子に私は謝った
「この前はごめんね。先生が悪かったよ
これからきちんと伝えるね」

生徒はひと言「いいですよ~(o^―^o)」と言ってくれた
私は「ありがとう」といった

自分では気づかないことを気づかせてくれる
時にはハッとすることもあったりする

わかっているつもりになっている自分を
反省させてくれる

子ども達も先生だ



岡部のホームページはこちらから





頑張れるエネルギー

DSC_1868

コミュニケーションカウンセラー&書道家の岡部あゆみです

今日は一年に一度の書き初め大会だった
教室の子どもたちは9人参加した

毎年、子ども達の書く姿を見ていると
成長を感じて、嬉しくなるオカベちゃんだ☺️

12月までは名前を一人で書けなかった
幼長の子も、堂々と書いている

初出場の子どもたちも落ち着いて書いている

何度も出ていても緊張した面持ちの子

いつもと変わらない子

それぞれの性格がわかっておもしろい(^ー^)

でも、今年は私にも変化が!

開会式と表彰式の進行役、いわゆる放送係をすることになり、違うドキドキも加わった

でもマイクを持ちながらも教室の子どもたちの姿が見えるととても落ち着いた

「先生、普段話している声とマイクの声が違う!」
言われ
「だってよそゆきを意識したもん」と子どもたちと笑いあった

こどもたちがいるから頑張れる

そう再確認した書道の先生なのでした

岡部のホームページはこちらから







保育園での書き方習字教室

DSC_1847_2
コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです
今年最後の保育園での書き方レッスンに
行ってきました

毎月一回、年長30分、年中30分ずつで
練習しています

このクラスは年中さん


毎年思うのですが、この時期になると
とても落ちついてできるようになっています

30分の内容はこうです
1)アンパンマン指体操で指の動きをスムーズに
2)指の運動でシールはり
3)あいうえお表を皆で一緒に読む
4)書き方ノート(今日は『す』と『た』)
5)名前を呼ばれたら一人ずつ習字を書く
(今日は王)基本線の組み合わせなので
漢字の方が書きやすい

私がこの時期にこだわっているのは
字の形ではなく、姿勢や鉛筆の持ち方
そして書き順です

ここの保育園では3年目ですが、
年々、子どもたちの文字への興味が
高まっていると感じています

年中、年長さんのお兄さんお姉さんを見て
年少さんも次は私たちだと思うのか
ひらがなに興味を持ち始めるそう


文字への興味をそのまま持ち続けて
くれたらいいなあと思いながら
飽きさせないようなプログラム作りを
心がけています

来年も書いていこうね☺️










ギャラリー
  • カゴ問題
  • 完璧な人は一人もいない
  • 完璧な人は一人もいない
  • 書道で救われることもある
  • 日本刀
  • もう中学生
  • 小さなストレス
  • ブラックコーヒー
  • 学びたいと思うこと