2266748_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

80代の方と話していて
ふと気づいたことがあった

その方はYouTubeを主に情報源としていて
好きな評論家やニュースを見ているらしい

それは良いのだが
それってフェイクニュースなんじゃないかなと
思うようなことを信じているのが
時折、会話の中に見えて
大丈夫かなあと心配になった

というのも
自分だけが信じているのならばよいが
他の人へも力説したり
ラインで送ってきたりといった行動を見ていると
周囲のためを思ってという思いが
空回りしているようだし
どんどん周囲の人が去って
いっているような気がするからだ

何を信じるか
何を正しいと思うかは
それぞれの判断だから何とも言えないが

これは違うかもという
危険アンテナはいつも立てておかないと
いけないなあと
私自身、あらためて思った

情報が必ずしも正しいものとは限らない
何の媒体でもそうだ
判断力はAIには頼れない

最後は人間の
「もしかしたら、やばいんじゃね?」という
危機察知の勘が頼りだ