_20220120_175047
言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

高校の書道部を舞台にした
【とめはね】という漫画がある
以前、NHKでドラマ化されたことがあるので
記憶されている方もいらっしゃると思う

教室にも全巻おいてあるが
その中に次のような台詞がある

「お手本は書くために見るのではなく
見るために書くのだ」

なるほどなと思った

書くほどにお手本をよくみるようになる

子どもたちも年数が経つにつれて
見方がだんだんわかってくる

書くことで、見えてくる

これと同じで
話をきいたり、本を読んだりして
頭ではわかっていても
行動すると新たな気付きがでてくることがある

頭で考えてうまくいきそうでも
いざ動いてみると
不具合が生じることもある

まずは
試してみよう
動いてみよう

そしたら本に書いてあることが
腑に落ちるかもしれない