22463522_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

感謝の謝とは
「言」と「射」で出来ている
調べてみると「射」は矢を放つことであり
その結果、弓の緊張が解けることを意味する
言葉に出すことにより
心の緊張が解ける

つまり、相手に対して心が強く動き
ありがたい気持ちを言葉にして伝えるということになるという

今までを振り返ると
数えきれないほどの感謝をしないといけないなと思う

それは、
悲しかったときや
辛かったときに
私に言葉を投げかけてくれた人たちも含まれる

でもその中には、良い言葉だけでなく
嫌な言葉もあった
傷ついた言葉もある

ときにはその言葉を受け止めて
傷ついて、闘って、消化して、スルーして
今がある

私も誰かを傷つけているかもしれない

感謝というのは、時間が経って
感じることもあるかもしれない

ある人が、人は時間が経つと
忘れるのではなく、鈍感になるといった

でも鈍感になることで、
辛いことも語れるようになるのならば
それもいい

全ての人が師である