電波時計(8時をお知らせ)

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

タイムパフォーマンスという言葉がある
時間を効率よく使うという意味だ

テレビの録画やYouTubeなどを早送りしたり
必要なところだけ聞いたりすることもそうだという

自分が効率よくつかっている時間というのは
どこだろうか?と考えてみた

年々、効率から縁遠くなっているような気がする
前はもっと段取りよく出来ていたなあと思うことも
時間がかかるようになってきている

【急がば回れ】がマッチする
焦ってすると必ず失敗する

でも最近思う

結局、効率化を図って
映像を早送りで見たとしても
書籍を飛ばし読みしたとしても

もう一度見たくなった時には
じっくり見るはず
じっくり読むはず

人は、自分の中に
本当に取り組みたいと思ったことには
時間をかけるはず

本当の効率化というのは
自分の好きなこと
必要なことを
見分けていき
そこに時間をかけられる力なのかもしれない