5105616_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

人は見えていたら恐怖といい
見えていなかったら不安というらしい

例えば
高所恐怖症は、高いところというのが明確だし
尖端恐怖症は、とがっているものがダメだとわかる

でも将来など
見えないものに対しては不安という表現をする

今まで歩んできた道も正解だったのか
現在の立ち位置もどうなのかと
考えていくと不安になる

漠然とした不安というのは誰にでもある

将来が不安なあなたへ

正解を選ぶのではなく
選んだ道を正解にしよう◡̈ ✨
pic.twitter.com/gQql2eSP20

— ねこひげ先生☺︎ゆるっと心理学🐈 (@dr_catwhisker) July 12, 2021 " target="_blank" title="">http://

見えないものを考えていても
正解は見つからない

これでいいのだと思って
進んでいこう