4344077_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

目的と目標ってよく使われる言葉だが
目的は『的』で最終的に到達したいところ
目標はその目的に向けて設定される途中の目印のことである

例えば、図書館に行きたいという時
病院の向かいだよという説明を受けたとする

図書館が目的
病院が目標になる

何かを目指したときに
いきなりそこにたどり着くことはなかなか難しい

だから途中で確認することが必要
その経過が無いと、ゴールに到着しない

今はゴールが見えなくても
目の前の目標が見えていたら大丈夫

その積み重ねで目的にたどり着く

そしてたどり着いたらまた新たな目的を設定する

その繰り返しなのかもしれない