2013311_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

年末年始、私はあることを練習していた
練習したと大口をたたいているが
朝、昼、晩 の3分ずつの練習だ(笑)

それは、韓国語の歌『愛のバッテリー』


ネットでたまたま見たときに
あっこれ歌ってみたいと思った

カタカナのルビを見ながら
歌ってみるが、最初は歌えなかった

韓国語講座などを見てみたが
さっぱりわからない(笑)
難しい・・

とにかくこの歌にかけよう!と【なぜそこに情熱を注ぐのか自分でもわからない(笑)】
ルビを見ながらしっかり聴くところから始めた

そのあとは少しずつ合わせて一緒に歌ってみる
英語でいうとシャドウイングだ

それをご飯を食べる前に1回だけ毎日練習してみた

そしたら、日本語のルビの中で
発音しないところとそうじゃないところがあることが分かった

続けて発音するところもわかってきた
だんだん形になってきた

そこから面白くなってきた

何に使うわけでもないけれど
練習している自分が楽しかった

でも今回、何か学ぶ時ってそうだよなあという感覚を思い出した

一つずつできないことが
できるようになっていく

続けていると
あるとき『あれ?出来たかも』と思える瞬間がくる

少しずつでいいから続けてみることって大事だなあとあらためて思った

大学の友人からの年賀状に
『ゆっくり、ゆっくり、前向きに』というメッセージがあった

卒業以来そんなに会っていないのに
何でそんなに私の気持ちがわかるんだろうと思うと同時に
とても嬉しかった

前向きに生きていこうと思う

1人カラオケにも行っていない
当分寝ている犬の前だけで歌うことになりそうだ(笑)