SINDOocya86d2_TP_V4

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです


教室の生徒の挨拶は様々だ

大抵は玄関で、「こんにちは」「さようなら」と言って帰る
中には「ありがとうございました」と帰る子もいる

その中で私のところに来て
座礼をして帰る子がいた

その子を見た他の子が
「先生、何であの子は土下座をしたの?」と私に言った

そっか・・
半沢直樹の影響もあり、子ども達には座っての挨拶=土下座に見えるんだなあと思った
と同時に、座礼と土下座の違いを説明しないとと思った

土下座は、地面や床に、じかに座り平伏すること
そして一方のみが行う

座礼とは座ってする礼のことだ
頭は床につけない
そしてお互いがする場合が多い

柔道や茶道など日本には道の付く習い事には座礼をする機会がある

礼とは相手を敬うことだ

土下座と座礼は全く違う
土下座はなくなってもいいと思うが


座礼の文化は残して起きたいなあと思う