shikun5V7A1699_TP_V4

コミュニケーションカウンセラー&書道家の岡部あゆみです

何年か前、「先生、僕は旅人になりたいんだ」と言った子がいた
その子は小学2年生


旅人というと私はムーミンのスナフキンをイメージする(笑)

そのとき私が言ったのは
「そうなんだね」とひと言だけ


例えば、「先生はこの本をどう思いますか?」と聞かれたときに
読んでいないときは、読んでいないからわからないというし
読んだことのある本ならば、ここが印象に残ったなという感想ぐらいしか言わない

好きか嫌いかは言わないことにしている

私が好きでも相手はキライなことだってある
またその逆もある

だから私は極力、自分で読みたいと判断したときには
それまでレビューや評価を一切見ない

読んだ後でレビューを見て、こういう見方もあるんだと思う
他の人と逆かもしれない

でも自分が面白いと思ったらそれでいいし
イマイチだったと思ったらそれでいい

自分の中だけで完結すればいいかなと思ったりする


大事なのは自分で考えて行動し、それに付随してくるものを受け入れること

旅人になりたい
自由でありたいと思うと、孤独な時もあるかもしれない

でもそれを受け入れて生きていくと
その人が見たい世界も見えてくるかもしれない

自由と言うのは無法地帯では存在しない
不自由に感じるところがあるから自由が存在する

枠を自由への入り口ととらえるか
邪魔なものだと捉えるか

色々な見方がある


岡部のホームページはこちらから


不登校や子育てに悩む方のための講演会 『学校辞めた娘と私の8年間をかたります~自信を持つきっかけとなったもの』のご案内はこちらから


コミュニケーション研修のご案内はこちら


今日のコミュニケーションコラムはこちらから


仕事のご相談はこちらからお願いいたします