書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

2021年07月

天気予報

5005638_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

明日の天気を予報するのが天気予報ですが
これって未来のことをいっているようでいて
実は過去のデータから予測していることも多い

未来の予測に過去のデータは必要不可欠だ

明日のことを確実に分かる人っていない
天気予報だって外れることもある
予測通りにいかないこともたくさんある

日常も同じ

悩みは思い通りにいかないことから始まる

逆に考えると
思い通りに行かないこともあると思っていると
そんなものかと思う

考え方次第で見方も変わる






言葉と文字は

864273_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです


誹謗中傷というのは
根拠のない悪口を言いふらして
他人を傷つけることという意味だ

どうしてするのだろうか?

中傷する人の心理を分析していたら
次のワードが思い浮かんだ

正義感
劣等感
ストレス

何でもストレスで片付けるのは嫌なので
ここでは置いておいて

とにかく引き下ろしたい
傷つけたいのだ

そして興味深いのは
自分も他人を誹謗中傷していることで
自分自身が
落ちているのを実感できていないことだ


武井壮さんが次のように書いている



_20210730_101749


言葉は誰かと繋がるためにあるもので
傷つけるためのものではない

ホントにそうなのだ


どの言語でも同じ

人を傷つけるために
使う言葉はいらない






反省とは変わろうと行動すること

3690102_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

反省とは変わろうと行動すること

この言葉を聞いたとき
私は間違っていたんだなあと思った

というのは
自分を責めていたからだ
何でこんなことしたんだろう
何でそんなこと言っちゃったんだろう

何で何でのループに陥っていた

これは時間だけが勿体なくて
何も変わっていない

ただただ自分だけが消耗されていく

落ち込むことでも
自分を責めることでもなく
変わろうと行動すること
それだけでいい

落ち込むのもエネルギーがいる
そのエネルギーを変える行動に使っていこう
そっちにシフトを切ると
一歩が踏み出せる気がする

過去の事実は変えられないけど
未来が幸せになることによって
過去の解釈は変えられる

今あなたが思っている失敗も

未来のあなたは
ああ、あのとき○○があったから
今の私がある
あれでよかったんだと
思えるはず



13年

4988319_s

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

13年ぶりにソフトボールが
オリンピックで金メダルを取った

2008年の北京オリンピック以来
13年ぶりの快挙だ

その間はオリンピック種目ではなかったので
長い13年だったと思う

私がビックリしたのは
もう13年も経ったのかということだった

前回の北京オリンピックの金メダルは
とても良く覚えている

13年前のその時期
私はまだ公文の先生をしていて
その当時は先輩の先生方が先導して
勉強会をしていた

ちょうど北京オリンピックの時期に
1泊の勉強会が開かれていた

それから私は体調を崩したり
公文をやめたり
といろいろあったが

13年も経っていたんだと驚く

13年前から年だけとって
何をしてきたんだろう・・と
画面を見ながら他のことを考えて振り返っていた

そして頭の中に次の2つが浮かんだ

光陰矢の如し

少年老い易く学成り難し

そしてまとめがこれだ

一寸の光陰軽んずべからす








自分の思考と行動だけ

3553610_s


言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

攻撃的な言葉や
その場を一変させるような発言をする人がいる

それは老若男女関係なくいる

そういう場にいた時は
今までは何でそういうことを言うんだろう?と
原因を考えたりしていたが
今はそう考えることをやめている

ただ他の人への個人攻撃などがあったときは
その場で何か話すかもしれないが
そうじゃなければ首を突っ込まないようにしている

自分に言われたときは
聞き流すようにしている

そういう人の様子を見ていると
とにかく自分の意見を言わないと
気が済まない

となるとだんだん周囲の人も
その人と話すことがめんどくさくなってくる

そこで2つのパターンが生まれる
言い合うか
話さなくなるか

ただ、ここまで話したのは
あくまでも私の主観

同じ人と接しても
そう思わない人もいる

要は、他人との付き合い方は自分が決めればいい

そう思ったら何となく気持ちがラクになった

他人は変わらない
自分も変わらない

合わない人もいるし
合う人もいる

それでいい
考えるのは
自分のその人への向き合い方だけ

コントロールできるのは自分の思考と行動だけだから












ギャラリー
  • なぜ校内や、園内だと許されるのか?
  • わかりみ強し
  • 道が暗い
  • 暖房
  • 暖房
  • 暖房
  • 掘り下げる
  • 気圧
  • ソロモンの『箴言(しんげん)』