言葉と文字で人を育む書道コミュニケーション講師
岡部あゆみです

AM18610011_TP_V


娘がとても荒れていたときに
私は教育関連の仕事をする資格はないと思っていた

わが子を育てられない人間が
他の子どもを見ていていいのだろうか
その思いが頭から離れなかった

そんな時、信頼している人に私の思いを話した

その時に次のようなことを言われた
「もし、子どものことが原因でという
そういう思いを持っていたら辞めない方がいい
子どもはいつか自立していく
自分の人生は自分で切り開く
だけど、親の人生は親の時間は子どもには戻せない
それは後悔として子どもに残る
辞めるのなら子どもを理由にしてはいけない」

それを聞いてハッとした

私は辞めないと決めた

辞めるときは自分の意志でやめよう
そう思った

その時選択したことは後悔していない

私がいろんな思いをして子育てしたからこそ
言えることもある
そんな私の言葉だから心に届くものもある
そう思えるようになった


今思う
あのとき
あの言葉をもらってよかったと

そして今度は私が伝える

今悩んでいる人の心が
少しでもラクになりますように