書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★オーダーメイドコミュニケーション研修講師 ★シングルマザー ★コラムニスト

コンプレックスを抱いたときに

202663_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

人には思い込んでいることって多々あると思う
それって小さい頃、親から言われたことって
少なからず大きな影響を及ぼしていることが大きい

足の甲に生まれつき長い痣があって親にみっともないと言われて甲が出る靴は履かなかったけど、小2の時に保健室で怪我の手当の時上級生の男子から何それ?と聞かれて生まれつきあると返したら選ばれし者じゃん、かっこいいなって言われてから普通にサンダル履くようになった名前も知らないけどマジ感謝

— Rai (@AtWhatCostflac)
October 1, 2020 " target="_blank" title="">http://

一瞬しか会わなかった人々に多大な影響を受けている人生
他の人はいつも自分じゃ気付かない発見と美しさをくれる 私ももらった善行を年下にパスしたい

— Rai (@AtWhatCostflac)
October 1, 2020 " target="_blank" title="">http://

人って親しい、親しくないに関係なく
その人のひと言で多大な影響を受けることがある

私はダメだなあ・・とか
ここが嫌だなあ・・とか
恥ずかしいなあ・・とか

自分がダメだと思っていること
コンプレックスだと思っていることが
人から見たら、実はそうではないかもしれない
そして自分が思っているよりも人は気にしていない

思い込みはあくまで自分の脳内だけのこと

人は自責しすぎるとよくない

自責というのは自分を責めること

人生の中で
長所は短所になり、短所が長所となることがある

コンプレックスはあなたを輝かしてくれたり
助けてくれることもあるかもしれない


そしてあなたの言葉が誰かのコンプレックスを救うかもしれない




名前のリクエストを受け付けております 誕生日と名前はこちらからどうぞ




自分だけが応援するのは勇気がいる

1619429_s (1)

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

何となく思うことだが
今売れるものって
何とか大賞を取った本とか
テレビであの人が使っていたとか
番組で紹介されたとか
極端になってきたなと思う


そして一時はすごく売れるが
1か月後にはまた状況が変わったりして
注目される期間が短くなっているような気がする

そんな中で、自分だけがいいと思っているものを
応援していくことって勇気がいるなあと感じる


でも何のしがらみもなく、とにかく好きなものって実は
とても大切なような気がしている

音楽でも、本でも、映画でも
売れていなくても、知っている人が少なくても
自分が好きならば、それでいい



あっそういえば
このブログもマイナーで知る人ぞ知るのブログだと思いますが
いつも読んでくださり、応援してくださり
ありがとうございます

オカベ嬉しいです

そしてこれからもよろしくお願いいたします






名前のリクエストを受け付けております 誕生日と名前はこちらからどうぞ



足立区は滅びません

3859377_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

何かモヤっとするニュースが飛び込んできた

【足立区議会厚生委員長の白石正輝氏(78)=自民=が区議会で、
LGBTなど性的少数者を巡り「L(レズビアン)だってG(ゲイ)だって
法律で守られているという話になれば足立区は滅んでしまう」と発言した。

「LとGがもし足立区に完全に広がってしまったら区民はいなくなってしまう。
子どもが一人も生まれないということですから」とも述べた。

 白石氏は取材に「LGBTが極端に取り上げられたら子どもたちが将来、
子どもを産んで育てる感覚がなくなってしまう。
学校ではノーマルな結婚をして子どもを産み育てることの大切さを教えないといけない」と説明。
差別に当たらないと主張している。】
                        【毎日新聞デジタル記事より抜粋】

う~ん・・
この思い込みは何だろう・・
普通って何だろう?
とても違和感を覚えていた

その違和感が何かを考えていた時にこれを見て納得した

足立区議の差別発言に、82歳になる自分の祖母が怒り心頭で、議員に手紙を書いたと連絡が来た。

「同性愛は趣味とお考えではないでしょうか?とんでもない思いちがいです」

「これ以上LGBTの人々が苦しまずに生きていけるようにすることが政治が行うべきこと」

おばあちゃん心強すぎて涙出た😭
pic.twitter.com/q9e8HpD0SM

— 松岡宗嗣 (@ssimtok) October 5, 2020 " target="_blank" title="">http://

文章もさることながら手紙の達筆さにも目を奪われた

この【同性愛は趣味とお考えではないでしょうか】という一文が
正にこれだと思った

そのように考えているから、教育で云々・・という言葉がでるのだと

この白石議員を老害だとコメントした人がいたが
議員は78歳、このおばあちゃんは82歳
年齢は関係ない

自分の知らないことを学べる力
理解しようとする力がなくなると
人は年を取る

そんなことを思ったりした

おばあさんの話には続きがある


祖母は孫がゲイだと聞かされた時、むしろこっちが驚くほどすんなり受け入れてくれて。(でもその時に「そうしは制服やランドセルが辛かったんだね…」と言われて、いやそれは違うんや…となったのが思い出😂)パートナーを連れて実家に帰ったときも温かく迎え入れてくれて嬉しかった。

— 松岡宗嗣 (@ssimtok)
October 5, 2020 " target="_blank" title="">http://

年齢を重ねるということは
数字が増えていくことではなく
経験によって理解できることが増えていくことではないだろうか

少なくとも意固地になったりとか
自分の意見が正しいと聞く耳をもたないことではない

そして足立区は滅びない
白石議員が心配する必要はまったくない




名前のリクエストを受け付けております 誕生日と名前はこちらからどうぞ





ギャラリー
  • なんでも褒める材料になる
  • 興味本位で飛び込むことは危険です
  • 怒らない
  • 落ち込んだ時にできること
  • もう一つの人生も回収したい
  • システムを変えるだけでいいのでは?
  • 1人では何もできないということがわかった
  • 褒め方レクチャーを受けた日
  • それが何の役に立つの?という前に