書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★産業心理カウンセラーカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

★産業心理カウンセラー ★書道家 ★コラムニスト ★学校をやめた娘と私の8年間を語ります ★お悩み相談室

6月6日 『文字には気持ちを落ち着ける力がある』

29428800_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

今日6月6日は、昔から習い事を始めるのに良い日とされています。
これは江戸時代の歌舞伎の『六歳の6月6日』という台詞回しが
有名になりそこからこの日が習い事始めにふさわしいと定着するように
なったそうです

何日か前の読売新聞に
中学生のこのような投稿が載っていました

【私は字を書くのが好きです
幼稚園生の頃から書き方の習い事に通っていました
字を丁寧に気持ちを込めて書くのは時間がかかり大変ですが
後で見返したときに分かりやすいです
手紙などの場合は受け取った相手にも
気持ちが良く伝わり嬉しく思ってくれることでしょう

字には書いているときの感情が表れます
嬉しい時は字もきれいに気持ちを込めて書くことができます
イライラしている時は字を書くのも嫌になり
雑になります
しかし、そんな時こそ字を丁寧に
気持ちを込めて書くことで、乱れた心を落ち着かせることができ
不快な気持ちからさわやかな気持ちに変えることができると
私は思います】

文字を教えている私にとって
とても心強い文章でした

文字を綺麗に書くことに集中すると
他のことを考えていない自分に気付きます
それが不思議と心地よい

文字には気持ちが表れます
だからこそ、綺麗に書こうとすると
気持ちが整います

『たかが文字、されど文字です』




6月5日 『銭湯での出来事』

29287450_s (1)

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

今日、母を病院に送っていき、終わるまでの間
銭湯に行った
上がって髪を乾かしていたら
受付の方が呼ばれていた
聞くと、おばあさんが中で具合が悪くなっているとのこと
車椅子で運ばれて横たわっていた方は
意識はあるが、朦朧としている様子だった

ほどなく、救急車が駆け付け事なきをえたようだったが
考えさせられた

その方はバスで来たという
バスだと、車が残るという事もなく
運転免許証もない
そして、お風呂で倒れると
身分を証明するものが何もない状態だ

意識があると名前は言えるが
そうではないと誰だがわからない
お風呂は荷物をあまり持たないで来ることが多いので
尚更わかりにくい

私もいつも一人で行くので
他人事ではなかった

こういう時にコミュニティーが活かされるんだなあと
あらためて感じた
どこどこの誰々と分かってくれている人がいる
他愛もない会話が出来る

人と人との繋がりは
時には鬱陶しいと思うこともあるかもしれないけれど
命のセーフティネットにもなる



6月4日 『白くまくん』

29783530_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

私は県南新聞にコラムを書いているが
その新聞の人に教室を移転したことを伝えていなかったことに
今日気づいた

「何で移転したんですか?」という質問に対して
私は簡単に
「エアコンを付けることが出来なかったので」と説明した

今までは外気と同じ室温だったので
天気予報と体調を気にする日々だった

今はエアコンが付いているので気持ち的にはとても楽になっている

日立の白くまくんなので
教室ではエアコンのことを白くまくんと呼んでいる


十和田も熊が出没している
先日は我が家の学区内で出たのでひやひやしている

でも教室の白くまくんは
きっとこの夏、私たちを救ってくれるはずだ

頑張ろうね!白くまくん






ギャラリー
  • 6月18日 『ヤマトさんすみません』
  • 6月17日 『心地よいって』
  • 6月16日 『父の日』
  • 6月15日 『その過程』
  • 6月14日 『犬はかすがい』
  • 6月13日 『決めつけない』
  • 6月12日 『多様性を』
  • 6月11日『最後はやはり人間性』
  • 6月10日 『ご飯と味噌汁の位置』