書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

★産業心理カウンセラー ★書道家 ★コラムニスト ★学校をやめた娘と私の8年間を語ります ★お悩み相談室

記憶

4032856_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

パソコンデータを保存するUSBには
そのままのデータが保存されるが

人の頭のデータは
全てが保存される訳ではない
全部保存されていたら、
生まれてから今までの日々の出来事を
忘れていないということになる

人は忘れる
だから日記をつけたりという
文字に書き残したり
映像や音声で残したりする

そして記憶は書き換えられる

過去の辛かった出来事が
あの時あれがあったから今があると
思えたりする

忘れる出来事もあれば
時が過ぎても昨日のことのように覚えていることもある

考え方も様々で
記憶の仕方もそれぞれ
一つの出来事でも解釈の仕方や見え方が違う


それぞれの思い出があり
それぞれの記憶がある



時間と焦り

4631497_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

私の最近の楽しみは
Netflixで配信されいる韓国ドラマ
『ヴィンチェンツォ』と『ナビレラ』を見ることだ

韓国と同時配信なので最終回まで一気に見ることが出来ず
続きが待ち遠しい(笑)

『ナビレラ』は70歳のおじいさんが
昔からのやりたかった夢を叶えるべく
バレエを始める話だ

先生は孫と同じくらいの青年

2人や周囲の人たちとの交流がとても温かいドラマだ

こういう出来事があった

練習をしていても思うようにいかない
目標は白鳥の湖を踊ること
でも体は思うように動かない
自分には時間がない
焦る

奥さんは「たっぷり時間があるから」ゆっくりでいいという
先生は「基礎をしっかりやらないとうまく踊れない」という
でも自分は若くはない
時間がない
焦る

たっぷり時間があるというのは、いろんな意味があるんだなあと思った

自分のために時間を使えるという意味では
たっぷりあるかもしれない

でも成果を出すには時間がない

若い時は家族を養うのに精いっぱいで自分の時間がなかった
年齢を重ねたら、今度は体が思うように動かない

このおじいさんのみならず
若くても、年齢を重ねても焦りは付き物かもしれない

だけど
いつでもどこでもコツコツ積み重ねるしかない

年代年代でいろんな悩みや葛藤がある
生きているうち、なくなることはない

それとうまく付き合って折り合いをつけていくしかないんだなあと
ドラマを見ながら思ったりする









何となく食べたいもの

2300881_s

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

2年くらい前だろうか
夏バテをした私は
とにかく梅干しが食べたくて食べまくっていた記憶がある

疲れている時は特に
自分の食べたい気持ちに忠実になるようにしている
何となく食べたいなあと思ったものを食べる
スーパーで何を買おうか見ている時に
あっこれ食べようかなと思うものを買う

普段買わないものを所望しているときもある

先日、疲れたなあと思って買い物しているときは
豚肉がとても気になった
多分ビタミンBが不足していたのだろう

体ってうまいこと調節できるように出来ているんだなあと
思った

食べすぎも食べなさすぎもよくない

丁度よくバランスよくが理想だが
なかなかそれが難しい

医食同源という言葉がある
日常の食生活に気を配ることが、一番の病気予防になるということ
「医食」は医薬と食事
「同源」は根本が同じであるということ
病気を治すために飲む薬と日常の食事は、
どちらも健康を維持するためのものであり、根本は同じであるという意味だ

気を付けて体調を整えていこう


ギャラリー
  • 心の成長
  • 自分だと大ごと
  • 誰の課題なのかを考える
  • 懐かしい場所へ
  • いつでも同じではない
  • う~ん
  • 超大器晩成(笑)
  • 夜中に突然鳴りはじめた
  • 誰と、誰から