書道とぱんだとハイボール

書道の先生とコミュニケーションアドバイザーをしています 私の人生、大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!https://okabeayumi.net

離れてわかる親の気持ち、年取ってわかる親の気持ち


zu19704DSC_0788_TP_V4


コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

私は18歳の時に初めて親元を離れた
まだ携帯も何もなかったときだ

連絡を取る手段は
固定電話と公衆電話と手紙

便りがないのは元気な証拠の時代である(笑)

宅配便はあったので
たまに届く食料などはありがたかった

今は私が娘を見守る立場になっている

ラインなどですぐに様子を聞けるというのは
親としては安心だが
私が若い頃にあったらよかったかと思うと
そんなでもない私がいる(笑)

このようなツイートがあり、なるほどなと思った

日本に留学してた友達とさっき電話で話してたら、

「日本人は家族と電話しても、切る時に愛してるを言わないけどさ、

でもさ
その代わり、"ちゃんと食べてる?痩せてない?"っていう
言葉が

日本でいう "I love you" じゃないかなって言われた。

久しぶりにこんな刺さる言葉を聞いた。

— ゆう🇨🇦ワーホリから永住権取得🌍 (@Yu_in_canada)
November 7, 2019 " target="_blank" title="">http://


そういえば私も親から言われたし、娘にも言っている言葉だなあと思った
「ちゃんと食べてる?」という言葉の裏に
風邪は引いていないか
お金は間に合っているか
仕事はうまくいっているのか
辛くはないのか

などなどの想いが隠されている

思えば
親からのその問いに
「食べてるよ。じゃあ切るね」とあっさりしていた
自分を思い出し、もう少し優しく答えてあげたら
良かったなあと思う自分もいる

その一方で
「うん」とそれだけ娘から返され
イラっとする自分もいる(笑)

思いは複雑だ(笑)









自分を大切に出来る人は周囲の人にも優しくできる

yuka458A5040_TP_V4


コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

自尊心とは自分の人格を大切にする気持ちだ

このようなツイートを見つけた

この間のパリコレ学でアンミカの推薦とれなかった生徒たちに林先生が送った、
「不合格だからといって全人格を否定された訳ではなく、あなたのたった一つの能力を採点されたに過ぎない。
しかもそれは過去についての採点で、あなたの未来は誰も採点していない。」って言葉ベタだけど素敵だったな。

— たも (@tech_tech_o0)
October 28, 2019 " target="_blank" title="">林先生の言葉

先日、友人と20代の娘さんと3人で食事をした
その時の娘さんの話で
とても感動したことがあった

その娘さんは小さい頃から何もできなかったと言っていた
マラソンしてもビリ
勉強もできない

でも彼女が素敵だったのは自分を責めなかったこと
嫌いにならなかったことだ

例えばマラソン
「順位はビリだけど完走したからいいと自分で思った」と彼女は言っていた

できないのはしょうがない。今自分にできることはこれだけだけど
一生懸命がんばったから受け入れる
でも、他の人から見えない景色を見ることができた

他の人に認めてもらおう、よく見られようと思うと
辛くなる
それは相手基準になるから

常に相手の気持ちに左右されることになる
自分がコントロールできないところに自分を託すことになる

でも自分が一生懸命した
その結果がこれだった
自分の中ではこれが精いっぱい
それでいいじゃない

自分がんばった
それでいい

自分が納得して前に進めることが
一番強いのだ

目の前の彼女を見ていて
とても素敵だったし魅力的だった

友人も多く、いつも人の輪の中にいる彼女
理由がわかるような気がする

自分を大切にする人は周囲の人も大切にできる

一つがうまくいかなかったからといって
全てがうまくいかないわけじゃない

広い世界が私たちの周りにはある

そう思う





うまくいかないなと思ったときに

17b6c06a2b44fa15680bb6ed1b070c95_s (1)


コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

ある人が病院の先生にこう言われた
「今日1日だけ我慢してください」

患者さんは思った
「なあんだ簡単だ」と我慢した

そして日付が変わった

患者さんは気づくのである
「また今日が始まった」と

毎日が今日になる

何かを続けるというのは
地味なことの繰り返しだ

同じことを繰り返しながら精度を上げていく

できるようになったら
また次へ進んでいく

また今日が始まったといっても
その今日は、昨日一日我慢ができた今日なのだ

今日という名前は一緒だけど
過ごしている人は毎日少しずつ違っている

ただ、その変化が目に見えてくるのは
時間がかかる

自分では感じていても
他人が気づくにはきっとまだ先かもしれない

だからそこで腐らずに
淡々と今日やることをする

過去を振り返ってもあなたは記憶の中にしかいない
未来を見ても、あなたは想像の中にしかいない

今日をどう過ごすか

もし誰かあなたのことを良く思っていない人がいたら
その人のことは考えなくていい

その人が一番悔しいと思うことは
あなたが幸せに生きていることだ

あなたが笑顔で生きていることが一番相手には堪える

失敗したことを悩んでいるなら
それはこれからの生き方で何とでもなる
そうしているうちに、その失敗が
未来では失敗ではなく成功の入口だったと思えるときがくる

急に状況は変わらない
早送りは出来ない
2倍速3倍速もない
あなたが今日のストーリーを作り上げていく


失敗だらけの
オカベちゃんが言っているから大丈夫(笑)

あっだから不安になるかな(笑)







ギャラリー
  • 口に合わないだけだから
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • 第六感
  • 巻き爪
  • 先生ありがとうございます
  • 講演をして感動したこと
  • 離れてわかる親の気持ち、年取ってわかる親の気持ち
  • 自分を大切に出来る人は周囲の人にも優しくできる