書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★オーダーメイドコミュニケーション研修講師 ★シングルマザー ★コラムニスト

人生は矛盾だらけ・・ならば

言葉と文字で人を育む書道の先生
岡部あゆみです

ことわざ・・短い字数で昔から言い伝えられてきた訓戒や風刺

皆さんこの言葉を聴いたことはありませんか?

①『二度あることは三度ある』
物事は繰り返し起こる傾向があるものだから失敗を重ねないようにという戒め

それに対して
②『三度目の正直』
物事は一度目と二度目は当てにならないが、三度目なら確実であるということ

矛盾してますよね(笑)
でも二つとも事実です
①はネガティブ ②はポジティブ な考え方です

例えば、テストや試合、仕事で2回続けて失敗した後
また失敗したらどうしよう・・・と思うのが①
今度は大丈夫!・・・・と思うのが②

起こっている出来事は一緒なのに全然気分が違いますよね?

同じ出来事なら②で考えた方が、結果が良くなる気がしませんか?

気休めでもいいんです
少し気分が良くなれば(笑)
今日を笑って過ごしましょ!




岡部あゆみの自己紹介

言葉と文字で人を育む書道の先生
岡部あゆみです

岡部あゆみってどんな人?
ちょっと自己紹介をさせてくださいね

1966年青森県十和田市生まれ
書道は6歳から続けています
日本習字の師範
十和田市で習字教室を経営しています

2018年5月までは公文の教室も17年間経営していました

現在はNHK八戸文化センターで美文字講座をさせていただいたり
八戸市貴福保育園、東京都栗島幼稚園、などで幼児の書き方出張教室もしています

パンダは、ランラン・カンカンの来日以来大好き!
でもまだシャンシャンには会えていません

ハイボールはサントリーの角が好きです

岡部あゆみ公式HP

note




文字は伝えるツールです

言葉と文字で人を育む書道の先生

岡部あゆみです

 

文字がうまくなるってどういうことだろう?

そもそも何で文字を書くの?

私は書道が好きだったので続けてきました

それだけなんです

でも続けることで分かってきたこともたくさんあります

 

何で文字を書くのか?

それは伝えるためです

文字は伝えるために生まれました

 

伝えるということは自分以外の人が読むということ

そしたら読みやすい字がいいですよね

 

今私は『うまい字』ではなく『読みやすい字』といいました

私は『読みやすい字=バランス』と定義づけました

そしてバランスよく書くにはどのような練習をしたらいいかということも考えました

 

そこから生まれたのが名前で練習する方法です

 

人が一生で一番多く書く文字が名前です

そして苦手なのも名前です

よく、自分の名前は書きにくいということを聞きます

 

バランスよく書くと、うまく見えます

うまく見えると自信がつきます

自信がつくと書くのが楽しくなってきます

 

このブログでは、文字を紹介するほかに

私の思っていることも書いていこうと思っています

 

タイトル【書道とパンダとハイボール】は私の好きなものばかり

 

みなさんよろしくお願いいたします



ギャラリー
  • なんでも褒める材料になる
  • 興味本位で飛び込むことは危険です
  • 怒らない
  • 落ち込んだ時にできること
  • もう一つの人生も回収したい
  • システムを変えるだけでいいのでは?
  • 1人では何もできないということがわかった
  • 褒め方レクチャーを受けた日
  • それが何の役に立つの?という前に