書道とぱんだとハイボール

書道の先生とコミュニケーションアドバイザーをしています 私の人生、大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!https://okabeayumi.net

結果だけでなく途中経過を楽しむ

言葉と文字で人を育む書道コミュニケーション講師
岡部あゆみです
OHT98_bieinookatorakuta-_TP_V

十和田は道路が碁盤の目である
十字路が多いので信号も多い

その日によっては、信号がすべて赤に当たる日もある

止まっていてふと思う
赤で止まって、目的地に着くのは少し遅れるかもしれない
でも確実に進んでいるのだから、目的地には着くのだから大丈夫

人生もそうかもしれない
時には赤信号ばかりの時もあるかもしれない

旅行も電車、船、飛行機といろいろと手段がある
目的地は同じでも、そこに行くまでの時間が違う

それぞれ途中を楽しむのも良い

今日の途中を楽しみ生きていく
赤信号だって悪くない
ゆっくりだってかまわない

ゆっくりだから見える景色もある










素材を生かす

smIMGL3625_TP_V

言葉と文字で人を育てる書道コミュニケーション講師
岡部あゆみです

私は手先が不器用です
小学校の家庭科で足踏みミシンがどうしても逆に回ってしまい居残り
高校の頃は編み物の課題で直接アイロンをかけてしまいサイズを小さくしてしまう

料理も作るには作るのですが、大雑把な性格が出ている料理です(笑)

そんな私ですが、料理番組や、ハンドメイド番組を見るのが大好きです
工場の番組もそうなのですが、作られていく過程を見るのが好きなのです

料理研究家の辰巳芳子さん
いのちのスープでも有名な方です

その方が番組で美味しく作るコツを訊ねられた時に
このようなことをおっしゃっていました

「素材を生かすのよ
どうしたらこの素材がおいしく食べられるだろうか?
焼いた方がいい?蒸した方がいい?そのままの方がいい?
と話しかけると素材が教えてくれるのよ」

これはどの分野にも言えることだなあと思いました

たとえば子育て

それぞれ、得意なこと、性格など違います

どういうことが好きなのかなあ
どういうことが得意なのかなあ

それって自分だけでは気づかないことが多いです

難しく考えることはないのです

今のこの子がもっと良くなるために
1つ足すとしたら何だろう?
そう考えると見えてくるものもあります

例えば
何をやるのも、ゆっくりでという子どもには
いきなり急かすと焦ったり、負担になるので
1つ
これが終わったら○○やろうね
と次の行動を話してあげる

えっ?それだけ?
と思う方もいるかもしれません

それだけで大丈夫ですよ
すぐには変わりません

少しずつ少しずつです

お互いに負担なく続けられることが大切です















知らないと言うことは恥ずかしいことではない

kirigamine-22_TP_V

言葉と文字で人を育む書道コミュニケーション講師
岡部あゆみです


この前40代の友人と話していた時
「わからないことを分からないということが恥ずかしい」と
話していたんですね

その友人だけでなく
そう思っている人は多いような気がします

そういう人たちの共通点として
分からないことを質問したときに
次のような言葉を言われたのがきっかけとなっている場合が多いです

「そんなこともわからないの?」

それを言われると、わからないことが恥ずかしくなって
質問するのも怖くなってしまいますよね


私の教室では、子どもたちが色々なことを話してくれます
ゲームのこと
スポーツのこと
遊びのこと

私のわからないことがいっぱいです(笑)

そういうとき私は訊きます
「先生あまり詳しくないから教えてくれる?」

そうしたら子供たちは
「うん。あのね」と教えるのが楽しそうです

「そんなこともわからないの?」という人は
自分を大きく見せたい人です
それはあなたに向けていっているのではありません

「自分はすごいでしょ」をアピールしたい人です(笑)

だからそう言われても
「そうなんです~だから教えていただけますか」と
笑顔で言うとあなたはその人の一歩先を行けます(笑)

知らないことは恥ずかしいことではありません
質問することも恥ずかしいことではありません

昨日よりも知識が1つ増えた
その喜びの方に焦点を当てましょう











ギャラリー
  • 口に合わないだけだから
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • ずっと欲しかったものをついに購入
  • 第六感
  • 巻き爪
  • 先生ありがとうございます
  • 講演をして感動したこと
  • 離れてわかる親の気持ち、年取ってわかる親の気持ち
  • 自分を大切に出来る人は周囲の人にも優しくできる