書道とぱんだとハイボール

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★シングルマザー ★コラムニスト  大学受験をしたものの不合格。一浪したものの第一志望不合格。アナウンサーになりたかったものの試験は全滅。結婚したものの離婚。娘は不良→不登校→高校中退などなど。でも何とかなる何とでもなる!そう伝えていけたらいいなって思っています https://okabeayumi.net

★書道家 ★コミュニケーションカウンセラー ★オーダーメイドコミュニケーション研修講師 ★シングルマザー ★コラムニスト

勧善懲悪は分かりやすい

2215696_s

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

7年ぶりに放送されたドラマ『半沢直樹』は
再放送にも関わらず14.8%の視聴率になった

約40年間に渡り放送された『水戸黄門』は8時40分になると
視聴率が上がると聞いたことがある
ちょうど印籠を披露する場面だ

これは日本人だけではないようで
2018年で中国で大ヒットした
宮廷ドラマ『瓔珞』も、
やられたらやり返す倍返しだ!の
半沢直樹の女版みたいなドラマである

敵がわかりやすく設定されていると
主人公に感情移入できやすいという利点がある

そして正義を前面に打ち出すことができる

日常ではありえないような
シチュエーションだからのめり込みやすいのかなと思ったりする


実際、テレビではいいけど
自分の周囲にこのような人がいたら
ややこしいだろうなあという気がする(笑)

正義とは
人間の社会行動の評価基準で
その違反に対して厳格な制裁を伴う規範という意味を持つ

よく正義を振りかざすというが
振りかざすとは
主義・主張などを表面に出して掲げるという意味だ


正義・正論という言葉を聞いたとき
私はいつも『その人から見たら』という
言葉を前置きに考えている

だから、正義は立場によって発言が変わるということを
常に頭に入れておかなくてはと思うし
自分の発言も私がそう思っているだけだと
常に思っている

正義と正論は立場や見方で変わる

正は一に止まると書く
一旦止まって、自分の意見を振り返ることも
時には必要かもしれないなあと思ったりする今日この頃である


岡部のHPはこちら












社会的処方

1246030_s (1)

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

医師の西智弘さんは、暮らしの保健室・社会的処方研究所を立ち上げ
病気になっても安心して暮らせるコミュニティー作りを実践されている

その先生のツイッターのこのような言葉を見て
考えさせられた

若かった僕は、病気のことばかり見ていたんだと思う。そして「アルコールはやめろ」ってことしか言わなかった。
その患者にしてみれば、通院してもつらいばかり。
そんな外来に通う意味を、僕が失わせてしまったのだろう。

— Dr.西智弘@書籍『社会的処方』4刷 (@tonishi0610) July 12, 2020 " target="_blank" title="">http://


病院と教室と状況が違うが
私もこのテーマはしばしば考える

公文の教室時代から考えると、もう20年くらいの
指導者経験になるが、きちんとした答えは
なかなか見つからない

習い事というのは
ある意味、その技術を身につけるという義務を持つ

習字教室ならば、文字をキレイに書きたいというのが
分かりやすい目的だ

だけど、それと同時に
安心して話せる、過ごせる居場所でもある

心を育てる場所でもある

生きる力を育てる場所でもある

私の思いだけが強くてもだめ

毎回、その加減が難しいなあと感じる


人間は環境の生き物だ
皆それぞれ教室に来るまでの1週間いろんなことがある
常に同じではない

調子がいい週、悪い週がある

どんな目的でもいい
まずは、ここに来てよかった
また来ようと思ってもらえることの繰り返しや積み重ねが
結果的に技術も向上させるのではないかなと思う

子どもは敏感で
教室に入ってきた時に
私の感情を読み取ったりもする

出来る限り平常心でいけるよう
そして私自身の想いが強くなりすぎないように
していかなければなあと思う

主役は生徒たち

といっても教室の軸はある
ブレそうになったら軌道修正していく
そんな感じのゆる~い感じ

今週はどんな教室になるんだろうな
楽しみです



書道に関するご案内はこちらから


Zoomお悩み相談室はこちらから


go to travelキャンペーンは本当に今必要?

36

産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

九州の豪雨
東京のコロナ
そして地方にも発生するコロナ

そんななか
7月22日から政府が
go to travelキャンペーンを打ち出す

これは
国内旅行限定の
最大、半額で旅行できるようになるキャンペーンだという

人の往来を制限しなくはならないときに
なんで今?

ちぐはぐで
おかしいなと思ってしまう

旅行というのは間違いなく
人が移動する

毎日、感染者数を発表している行動と
これって何だか矛盾するような気がしている

日本のやり方が
世界から見ても悪い例になりそうな
予感しかしない

旅行してほしいのか
自粛してほしいのか

大臣が
「もうロックダウンしたくないでしょ? 」と
国民にいっている言葉がもはや
脅しにしか聞こえないのは
私だけだろうか

だんだん気持ちがロックダウンしてくる



岡部あゆみのホームページはこちらから





ギャラリー
  • 勧善懲悪は分かりやすい
  • 社会的処方
  • go to travelキャンペーンは本当に今必要?
  • 指輪をもらったよ
  • ポテトサラダ問題
  • 心の声
  • 心の声
  • 娘が戻ってきた
  • 七夕の由来で思わず笑ってしまったこと